押江込蔵 ANGLER'S BLOG〜釣に魂を込めし勇者たちが集う場所〜

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
押江込蔵☆釣行記〜マダイ攻略法を考えた末・・・。〜

前回の釣行から一週間・・・。

 

あのマダイはあの作戦で交わしてチヌに口を使わせれたのでは?

 

あの時間帯にあ〜攻めれば・・・。

 

あのタイミングであ〜すれば・・・こうすればなどなど

 

この一週間マダイ攻略の事ばかり考えて居た訳ですが・・・。

 

 

ってマダイ狙いの方からしたら贅沢な話ですね(笑)

 

しかし僕はチヌ釣りに行ってる訳でチヌ以外は全部外道!前回釣れたイサキは別(爆)

 

 

って事で気が付いたら週末には渡船場に居たのでした。

 

 

 

 

 

2020年8月29日(土)晴れ 若潮  礫浦 瀬川渡船

 

 

 

 

 

 

 

 

案の定、前回のポイントへ船を走らせる。

 

一週間、考え抜いた結果を出さなければいけません。

 

がっ!・・・。

 

 

(船頭さん) 「悪いな〜今日は人多いで相乗りでもエエかな?。」

 

 

(常連さん) 「ええよ。ええよ。」

 

 

(カズ)  「すいませんね〜。」

 

 

と言いつつも、この常連さんは先週僕の後ろに乗っていた方で

 

僕と一緒でリベンジのはず。僕もここで釣りたいのは山々ですが

 

邪魔だけは絶対にいけません。

 

 

なので・・・。

 

 

(カズ) 「船頭さん。俺あっちのポイントでもエエですよ。」

 

 

(船頭さん) 「エエかいな?」

 

って事でポイントまで数分間。一週間考え抜いたマダイ攻略法を秒で捨て(爆)

 

 

まるごしで(笑)いつものポイントに降り立ちました。

 

 

 

AM5:30〜〜

 

 

とりあえず先週同様、超濃厚ダンゴに爆釣液イエロ−をしみ込ませたダンゴを

 

これでもかっ!ってくらい打ち込みます。

 

 

で、期待の一投目・・・。

 

 

 

 

またこれやん(笑)

 

 

 

 

二投目・・・またやん。

 

 

 

 

三投目・・・・多分ゼンメの仕業。

 

 

言うほど活性も悪くなくエエ感じの朝の始まりでした。

 

 

 

 

 

AM8:00〜〜

 

 

この時間からオキアミすらも残る低活性に。

 

しかし腐らず打ち返す。

 

朝っぱらから待ちの釣りしたって手返し悪くなるだけですし

 

ここはポイント作りに専念します。

 

 

 

AM9:00〜〜〜

 

 

上げの潮が動き始め何やら異様な雰囲気でしたが・・・。

 

 

 

 

 

 

残念ながらマダイ。

 

 

この後もオキアミコ−ンに連荘で反応しますが

 

同じくマダイからのマダイ・・・。すべてリリ−ス。

 

 

 

AM10:00〜〜

 

 

この時間から至強パウダ−投入で効果が出てきたのかボラの雰囲気も出だす。

 

しかし前々回と同じくボラがダンゴ割ってエサが飛び出ると何にも。

 

サナギコーンはもちろんオキアミもそのまんま(涙)

 

 

中層はシオの群れで回収時のハリに百発百中で食ってくる始末(汗)

 

 

 

 

AM11:00〜〜

 

 

相変わらずボラはガンガンですが刺餌は無傷。

 

中層もシオにやられるか無事通過。

 

 

 

 

 

PM13:00〜〜

 

 

やっとこさ微妙な変化が。

 

底は相変わらずですがシオが上ずった感じ。

 

そのシオの群れの下に空白の層が・・・。

 

 

前回同様、この層をゆっくりダンゴを落下させます。

 

 

はい。ダンゴ触ってくる〜〜〜。

 

で無理やりダンゴ切ってコ−ンを落とし込む。

 

底まで3ヒロって感じ。

 

 

ゆっくり落とし込み穂先が海面に近づきますとコ−ンに違和感。

 

そのまま海面通り越して水の中に穂先を突込み落とし込み継続でズコ〜〜ン!!

 

 

また右前方に走り出す。

 

これはチヌやろ〜〜〜!と慎重にやり取り・・・。

 

前回の指の負傷も癒えてませんので尚慎重に(汗)

 

 

 

 

 

 

 

前回と同じ時間帯&同じサイズ(汗)

 

 

 

 

で次も同じ釣り方でズコ〜ン!!

 

 

今度はデカイ!!!

 

ジリジリとスプ−ルからラインが出ていく。

 

指も限界なのでまたハンドル側で止めにかかる。

 

 

辛島師匠に届くサイズと確信しましたが。

 

残念ながら・・・。

 

 

 

マダイでした〜〜〜(汗)

 

 

 

この後はさっぱりエエ事無くPM17:00納竿です。

 

 

 

 

 

何とかチヌを仕留めれただけでも御の字ですね。

 

 

 

 

 

 

 

あの異様な雰囲気はほんの10分ぐらい。

 

あれ逃してたらボウズだったでしょうね〜〜〜。

 

運が良かったです。

 

 

以上、考え抜いた作戦を秒で捨てて作戦立てずに適当やってもチヌは釣れるんだ釣行でした(笑)

 

 

 

| 09:14 | - | - | - | posted by nakazono |
<< NEW | TOP | OLD>>