押江込蔵 ANGLER'S BLOG〜釣に魂を込めし勇者たちが集う場所〜

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
2019ゆく年くる年

2019年もあわただしく終わろうとしています。

これまでと違った忙しさがあり、常に全力疾走で充実の一年でした。釣りは帰ってからの片付けもあるので翌日も休めるのが絶対条件なので、結局1回しか行けませんでした。その1回は、子供のころ以来の三男との釣りで、チヌ竿で釣る海の楽しさと宿で食う飯の旨さを知ってもらえばと盆休みにサザラに連れていきました。

 

 

本命はダメでしたが無双と三力でツバス、アイゴ、ボラ、真鯛、オオアジと退屈なく竿は曲がり、最後にハリス切れのバラしも経験して喜んでいました。アイゴは10匹ほど釣っていましたが、アイゴばさみを上手に使い背びれに刺されることもなく処理していました。前夜はエサ屋で団子の調合を教え、当日は団子の握り加減もすぐ覚えていましたし、リールを一度バックフラッシュさせてましたがチヌ竿の穂先を折ることもなく、集中力や学習能力は立派なものでした。

 

真っ赤に日焼けしても真夏の太陽にも負けず、仮眠もせずに黙々と釣っていたので非常に粘り強い奴であることが認識できました。釣りの後はペンションヒロヤに泊まり大きな風呂に入り旨い魚、爆睡の楽しさを教えることができました。私も久々に6時間ほどはスイッチが切れたほどの深睡眠に落ちました。

 

 

翌日は自分の釣ったオオアジとツバスを食べて美味しいと喜んでいました。

 

一方、山の方は1日で完結するのでパラパラと出かけ、3度目の廃村八丁や亀岡の山々、地元の喜撰山、朽木村など訪れました。夏場にはトレランで走りすぎて左足の骨を痛め、疲労骨折したかと心配しました。山の静寂と非日常の景色にはとてつもないエネルギーを注入されます。

 

 

今年目を付けたのは滋賀県朽木村の奥にある三国岳でした。朽木村は比良山系の北東部で木こりの村です。昔は日本のチベットと言われていたほどで、今は舗装道路も完備してますが登山口まで行くのも車で2時間以上かかる辺鄙なところです。

 

 

ここは登り口を探索したり下見などで4回入り、3回目は三分の二ほど行ったところで雷が鳴りだして尾根筋まで上がったのに撤収し、4回目にようやく登頂を果たしました。

 

 

尾根筋にある恐竜の骨のような倒木。impact抜群でした。生前はいったいどんな木だったのでしょうか

 

 

尾根筋を進み、山頂の手前から尖がりコーンのような急登を上がると標高960m程の三国岳山頂です。

 

 

三角点を踏みます。

 

 

この後、京都最難関の山といわれる天狗岳へのルートを調べますが、北向きの激下りを降りて更に6時間はかかるだろうと遥か彼方のピークを展望します。勿論、確立された登山ルートはなく天狗岳を知っているだけでも余程のマニアでしょう。もっともっと体を鍛え上げて、いつの日か登頂できる日は来るのでしょうか。

 

登山の方も息子に素晴らしさを教えねばなりません。昨日、息子を連れて首なし経由で愛宕さんに上り、大杉谷左岸から下山するルートを体験させました。私に似たのか普段からトレーニングを欠かさず脚力は強力で、危険地帯も全く恐れることなくササっと下れてたのには驚きで山にはまりそうでした。

 

龍の小屋経由で芦見谷川上流の三川合流部。

 

 

大杉谷左岸の絶景point。

 

 

ロープ場もスイスイと。

 

 

私自身は年には勝てず、あちこち痛いとこだらけで老化を感じる日々ですが、息子には私が経験してきた学校では教えてくれない「超おもろい事」を多少なりとも伝えたいと感じています。いつの日か、途中でビバークしながらも天狗岳の登頂を二人で果たせたら、という夢がかなう可能性を三男から感じました。

 

 

それでは皆さん良いお年を。

異常気象に負けず、災害の少ない新年を祈念します。

 

 

| 02:14 | - | - | - | posted by kida |
<< NEW | TOP | OLD>>