押江込蔵 ANGLER'S BLOG〜釣に魂を込めし勇者たちが集う場所〜

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
押江込蔵☆釣行記〜最強!至強パウダ−〜

先週に続き連荘です。

 

前回は神くんの初年無しで最高のホスト役を演じましたが

 

実際のところは消化不良でモヤモヤ(笑)

 

 

って事で今回は単独で再度、神前浦でリベンジです。

 

 

 

 

 

 

2019年11月23日(土)晴れ 若潮  神前浦 勝丸渡船

 

 

 

 

 

 

今回は養殖筏を含め予約時に満員御礼でしたので

 

大浦はパスして小納戸で勝負です。

 

 

 

 

船の往来も無く静かな場所ですが・・・

 

 

 

中々、結果の出せないポイントです。

 

 

 

 

今回はキレトの浅場のカセ(通称、真珠のカセ)で勝負です。

 

このポイントは釣りやすそうな感じですが

 

中々の曲者ポイントで・・・。

 

 

釣座から見て左右にロ−プが走ってる。底はまあまあ荒い。

 

ポイントを少しずらすと水深が違うなどなど。

 

掛けてからがまた一勝負って感じで油断できないポイントです。

 

 

 

 

とりあえずボケ、カメジャコで落とし込みをしますと

 

まあまあの活性♪しかし、しょうもないアタリと申しますか

 

アワセる気にはなりません。

 

 

早々とダンゴを用意してダンゴ釣りで勝負です。

 

 

 

本日のアイテム♪中でも至強パウダ−が最高の仕事をしてくれました。

 

 

 

 

朝の内はダンゴアタリも無くって感じでしたが割れたら速攻で・・・

 

 

 

こやつ(汗)

 

 

 

一時間後にはこれに混じりガシラ、チャリコ、トラギス、などなど

 

しかし今回は過去の経験から察するに何だか行けそうな気がします。

 

 

 

 

あまりにもダンゴに無反応なため辛抱溜まらすパウダ−投入。

 

案の定、エサ取りの仕業でしょうが徐々にダンゴを触る気配も出てきて

 

あとはジアイ待ちって感じです。

 

 

 

 

AM11:00頃・・・。

 

 

相変わらず押さえ込むアタリはガシラやチャリコですがこの時間は

 

ダンゴが割られるくらい大きなダンゴアタリが出始め

 

釣れる魚もデカフグ、カワハギ、アイゴが混じり始めました。

 

この異様な雰囲気に一勝負ってとこですが餌に迷いが・・・。

 

 

今日は朝からサナギ、コ−ンはガン無視でしたしボケ、カメジャコが勝負エサかと思いますが

 

チヌがおったら間違いなくサナギやコ−ンに反応しますので

 

ここはあえてサナギで勝負。

 

ここ一番の大量のパウダ−をダンゴに塗してドボン。

 

 

ボラかと思うくらいの大きなダンゴアタリで一気にサナギが飛び出る。

 

 

もう心臓バクバク(笑)ですがサナギには触りません。

 

ならばと大きく誘いを入れますと着低後にモゾモゾ。

 

押さえ込みを待つことなくアワセを入れますとガツン!

 

右側のロ−プは目視出来る位置におります。

 

しかし魚は運良く左に走りましたのでラッキ−でした♪

 

 

 

 

 

 

 

良型チヌGET!

 

 

次の一投も同じ感じでサナギで掛けますが今度もう一回りデカイ感じ。

 

しかし中層で何かに擦れた感じが有りラインブレイク。

 

 

その次もかなりの大型でしたがやり取りの最中にアイゴと確信

 

案の定。アイゴで短いジアイは終了です。

 

 

 

昼からはアワセどころの無いアタリが連発で退屈な時間です。

 

 

 

こんな感じで夕方までたま〜にアイゴって感じでチヌっ気も無く終了。

 

 

 

 

 

45cm程でしたがパワフルでカッコイイチヌでした。

 

 

 

 

何とかリベンジ出来ましたがあの短いジアイにもう少し追加出来たかな?

 

今回は、前回の残りのパウダ−しか持参しませんでしたので

 

ここ一番でパウダ−無しでした。

 

やはり今年は至強パウダ−推しで通しましたが間違いなかったようです。

 

 

 

以上、神前浦でのリベンジ釣行でした。

 

 

| 08:38 | - | - | - | posted by nakazono |
<< NEW | TOP | OLD>>