押江込蔵 ANGLER'S BLOG〜釣に魂を込めし勇者たちが集う場所〜

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
尾鷲の奥座敷

3月11日、春の乗っ込み大型チヌを求めて尾鷲市九鬼湾の黒潮マリンクラブさんへ釣行してきました。

乗せていただいたポイントは、渡船場と目と鼻の先にある3号筏。水深10m弱の浅場です。

kuki190311b.jpg

浅場といっても侮ることなかれ、周年大型チヌの実績があるポイントです。

 

さて、筏に渡って早速準備。今回使用したダンゴには押江込蔵レッド爆釣液で仕上げました。使用したタックルは、ロッドはロッドクラフト伊藤作一閃筏竿硬調1.5m、リールはシマノセイハコウSP、ラインは東レ春夏秋冬2.5号、フックSASAMEプロフェッショナルチヌハード5号を使用しました。オモリは潮の動きや釣り方に合わせ無し〜5Bを使用。

 

朝は、薄くエサ取りの反応が出るだけでしたが、ダンゴの打ち返しを続けると午前10時ごろよりボラの反応が出てきました。

kuki190311a.jpg

イエローオキアミ無双を軸に、時折コーン、サナギのサシエをローテーションしながらボトムの様子をみていきます。

昼を過ぎたあたりからサシエにも反応が出る事が多くなり少しづつステージが出来上がってきています。

 

午後2時、着底したダンゴに早速ダンゴ突き。良いタイミングでダンゴが割れイエローオキアミ無双が抜け出しほどなく‟モゾ、モゾ、グググッ!”とアタリ!しっかりフッキングさせるとかなりの重量感。

浅場なので掛けた魚は右側にあるストラクチャーに一直線に突っ走ります。できるだけラインは出さないように我慢。魚との綱引きを楽しみ少しづつ上げてくると水面下にヒラを打ったのは大型チヌ。タモに収まったのは一目で年無しと分かるチヌでした。

190311.jpg

今期初の年無しチヌは52cmでした。この時期にしては比較的スレンダーであり乗っ込みの魚体ではありませんでしたが、コンディションの良いピッカピカの綺麗なチヌでした。

 

その後もボラの活性は有りましたが良いところ無く午後5時ストップフィッシング。

また機会を見て九鬼の海に浮かびに来たいと思います。

 

 

 

| 00:11 | - | - | - | posted by yasui |
<< NEW | TOP | OLD>>