押江込蔵 ANGLER'S BLOG〜釣に魂を込めし勇者たちが集う場所〜

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
2018 12/23 〜〜〜 納竿釣行 in 三重県 賀田 黒潮丸 釣行 〜〜〜

 今年最後の締めくくり釣行は 連日大チヌが順調に釣れている 三重県の賀田湾  黒潮丸。

賀田に詳しい大賀さんに予約してもらい9人の猛者達で釣行してきました。

 

11/23日にも8人で釣行しましたが ほぼアタリ無く ワンチャンスをものにした2人が52cmと49cmをGET。

それからも、59cmが釣れたりと釣れれば良型の釣果が続いてました。

 

黒潮丸さんは カセ3隻。1列に並んでいて水深26mぐらい。

 

2回とも トロっと流れるぐらいの潮で 3人並んでも大丈夫でした。大賀さんによると、めちゃ飛ぶ潮の時もあるみたいです。

 

くじ引きで 真ん中のカセ。障害物やロープも無く船の往来も少ないし波もないので 釣りやすい。

 

前回もアタリの無い中 午後4時納竿の30分前に年無しが釣れていたのでこの時期は夕方に時合いが 多いみたいです。

いつものダンゴに爆釣液を混ぜ込み釣り開始。

 

やはり2時間ほど 何もアタリ無くモクモクと手返し。

 

カセが近いので カメジャコならアタるけど小さいアタリで終わりや〜とか 有馬記念なに買うねん〜 全然アタリ無いやんけ〜と大賀さんにグチをいいながら ワイワイしながら楽しい釣り。

 

そんな中 9時頃に沖カセで竿が曲がっています。

 

お、チヌきたか〜と注目していましたが 真鯛!!

 

真鯛の時合らしく 3人とも真鯛GET。ええな〜 魚動き出したか〜と 集中して5mほど上からのダンゴ割っての落とし込みをしていると  コン。とアタリ。 

 

おお、アタッた!と言いながら送り込むと コツ。喰いこめ〜と思いましたが 反応なし。まだ送り込み 底付近でモタレたアタリ。

 

アワせるとええ感触。でも 重いだけで締め込みがあまりない。 鯛系じゃないな〜と上がったのは

 

マハタ。やった、鍋に最高の奴釣れたわ〜とニヤニヤ。

 

この日は 沖カセが活性良く しばらくしてチヌGET。

 

喰いこみが浅くバラシもありましたが ヘダイもチヌも釣れてました。

 

同乗の賀田常連の大賀さん。いきなり大型をHITさせます。

 

上がったのはええサイズの真鯛でしたが だいぶ上の層で喰ってきたそうです。

 

同じく全層を探りますが アタリナシ。底から少し上でチャリコが掛かったぐらい。

 

次も大賀さんがHITさせ チヌGET。

 

流石攻め方を熟知しているだけあり しばらくしてチヌ追加。

 

納竿まであと1時間の午後3時。 至強パウダーを振りかけた死ボケとオキアミの抱合せ。

ゆっくり落とし込んでいると コツ! そこで止めてコツ。 そのままグ〜っと穂先が入りました!!

 

よし!きた。やり取り開始。

 

水深もあり ええ重量感で この時間。チヌやろ〜と モア〜と見えてきたのはピンク色。

え、全然ちゃうやん。イラやん。 なんでやねん〜〜 。

 

と、まあ僕らしいオチで そのまま納竿。

 

それでも、3番カセは押さえ込むアタリは ほぼなく 魚釣れてるだけええやん。と言う状況でした。

 

この日は暖かく 防寒も脱ぐぐらいでしたので ええ天気の日に1日遊ばせてもらっただけでも感謝です。

魚好きばかりなので キチンと締めて全部持ち帰りました。

 

 

今年も1年間 チヌもよ〜釣らん僕の下手くそなブログを見て頂き ありがとうございました。

 

特に今年近畿地方は地震と台風の影響で甚大な被害がでてしまいました。

 

和歌山方面では 台風被害で筏の台数を少なくしたり 復旧まで時間が掛かったり 廃業される渡船屋さんもありました。

 

遊ばせてもらっている僕等には 胸の痛む出来事でした。

 

来年も少しでも釣りをする人が増えて 押江込蔵商品と共にそのお手伝いが少しでもできたらと思います。

 

もちろん自分もおもいっきり釣りを楽しみたいと思います。

 

では、よいお年を迎えてください。

 

 

                                            

 

 

 

 

| 12:20 | - | - | - | posted by 吉田 栄司 |
<< NEW | TOP | OLD>>