押江込蔵 ANGLER'S BLOG〜釣に魂を込めし勇者たちが集う場所〜

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
激動の1年を静かに振り返る

 今年は1月から現在に至るまで実にあわただしい1年でした。加えて大阪の震度6.1の地震や各地を襲ったゲリラ豪雨による水害、山崩れ、大型台風による被害など大荒れした1年でもあった。特に台風21号(だったかな?)は例年比良山のつい立の御蔭で台風の風の影響を受けにくい京都でも家屋や山々にけっこうな爪痕を残した。この様な気象変化が日常的になるのかと思うと気が重くなるが、前を向いて適応していくしかない。

 

 釣りでは秋に三重県賀田湾の糸川を訪れた。賀田は懐かしい海で多くの渡船店に通ったが、中でも糸川渡船は何度も宿泊もした馴染み深い渡船である。しばらく行ってなかったので80歳を過ぎた船頭さんは元気にしておられるか心配であったが、電話すると昔と変わらぬ声で対応してくれた。

 

 賀田湾を熟知した船頭の見事な操船で黒崎のビン球につけた水深10mほどのカセに上げてもらった。アズキマスが10匹ほど釣れたたけであったが波もなく穏やかな海と景色を堪能できた。船頭さんの話でも「賀田湾も随分変わった。あんたが良く来てくれとった頃は冬でも養殖場でチヌが良く釣れたがなあ・・・」と。中森の船頭さんが亡くなったのは数年前に奥さんから聞いて知っていたが、2年ほど前にその奥さんも亡くなられた事を糸川の船頭さんから聞いた。中森のHPが動かなくなっていたので心配していたが残念である。

 

 先週は釣り納めに三木浦のマルスイのカセを訪れた。曇ってはいたが珍しく温かい日で、晴れてくると暑いくらいであった。水深が20mあるなしのカセで釣果こそ大した事なかったがフエフキダイの子供や大きなカワハギ、40センチオーバーのでかいヒメジ、テンスなどが退屈せぬ程度に竿を曲げてくれた。

 

 定番の手羽先ラーメンを食った後、おやつ代わりに初めて練炭で魚を焼いて食べたがフエフキダイは匂いも良く油も乗って予測通り旨い魚であった。醤油を振ってたらモット旨かっただろう。

 

 こいつはオレンジ色のきれいな魚だが太ってはいたが何とも言えないケッタイな味でした。逃がしてやりゃ良かった。

 

 でかい緋鯉のような奴は私のヒメジ新記録であろう。NSRをひん曲げて楽しませてくれました。帰りに船頭さんがスマカツオを1本土産に持たしてくれたので、皮面を炙ってたたきにして食いました。

 

 山のほうもトンと行く時間が取れなかったが、登り納めに最後にもう一度見ておきたかった愛宕最深部ともいえる京北町細野〜田尻谷コースに11月に入った。前回は真冬にトライしたので強烈な寒波の中を何とか倒木をくぐって松尾峠まで抜けることができたのですが、今回は予想どうり完全にルートが遮断されていました。

 

 田尻谷川の沢を覆う倒木を何度も交わして前進します。

 

 中間地点のトワイライトゾーン。

 

 これでもかと倒木が行く手を阻みます。

 

 木の上に乗ったり跨いだり潜ったり力の限り前進しますがもはや限界でした。この倒木群の先端まで行くと向こう側がV字谷をうずめた倒木で谷川の流れが遮断されており小さな池になっていました。もはや前進不能です。気が重くなるが長い道のりを、また倒木を何度も交わして引き返します。

 

 馬谷ルートは行かなくても、もっと倒木がひどく通れるわけがないことは春の山の状態から推察は容易なので細野分岐まで戻り唯一安全な雲心寺林道を南に折り返します。が、こちらも倒木がひどくダートではあっても本来、ジープが通れる道が通行不能となっていました。歩く分には大した事ないので首無し目指して進みます。首無しの少し手前で路面が20mほど裂けたようになっており、いずれ大雨の時に南の京都市内側に山の大崩落が起こるのではないかと危惧しました。

 

 昔ながらの龍の小屋。長らく人が訪れて無い様で廃墟のようにひっそりしていました。

 

 小屋から竜ヶ岳のとりつき迄沢を少し上がり、折り返して最終pointの首なし地蔵。ここから京北町細野まで雲神寺林道を北に戻ります。結局16.8km、累積標高1080mの歩きごたえのある山行で締めくくる事ができました。久しぶりだったので両小趾に水泡ができて血が溜まっていました。

 

 3年間思いっきり遊ばせてもらった比良山系や亀岡、北山、愛宕山系の密林地帯も自然の猛威には勝てず人を寄せ付けない廃道となるところが多くなっていくのだろうなと感じています。年号も新たになる2019年が災害や争いのない穏やかな年であってほしいものですネ。

 

(昨日のトレランの後、永餅と大石神社の花子)

 

 それでは皆さん良いお年を。

 

(10歳になっても変わらぬうちのMOCO)

 

 

 

 

| 12:25 | - | - | - | posted by kida |
<< NEW | TOP | OLD>>