押江込蔵 ANGLER'S BLOG〜釣に魂を込めし勇者たちが集う場所〜

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
連チャン釣行in南伊勢町♪

9月10日、第一日目の釣行先は方座浦。渡船は大寿丸渡船を利用しました。

180910houzaura.JPG

乗せていただいたポイントは笠嶋の小割。水深27〜30mと深場で潮の流れはトロッっと動く程度。ただ湾口からの波を受けやすいのでロッド操作を必要とするポイントです。

180910houzaura1.JPG

今回使用したダンゴには押江込蔵イエロー押し麦とレッド押し麦を配合しレッド爆釣液で仕上げました。

使用したタックルは、ロッドはロッドクラフト伊藤作一閃筏竿硬調1.6m、リールはシマノセイハコウSP、ラインは東レ春夏秋冬2.5号、フックSASAMEプロフェッショナルチヌハード5号を使用しました。オモリは潮の動きに合わせ無し〜3Bを使用。
午前8時30分、一枚目のチヌは実寸53cmの年無し。サナギのサシエに反応してくれました。
180910daijyumaru.JPG
その後、35cmのチヌと57cmの天然マダイを追加。
180910daijyumaru1.JPG
その後、豪雨になり…
180910houzaura2.JPG
時間の経過とともに嵐に(>_<) パラソルにしがみつき、心の折れる音が‟ポキポキッ”と鳴ったのを確認し昼で早上がり。
180910daijyumaru2.JPG
気分転換に紀伊長島町まで出向き古里温泉でリフレッシュし翌日に備えます。
9月11日はお隣の神前浦へ。大進丸渡船にお世話になりました。
180911kamisakiura1.JPG
乗せていただいたポイントは長浜の養殖小割。水深20mくらいで潮の流れは緩やかで釣りやすいポイント。ただコワリの間隔が非常に狭いのでスリリングなやり取りを余儀なくされます。180911kamisakiura.JPG
釣座をセッティングし、先ずは練り餌の落とし込みで狙います。アタリは頻繁にあるのですがバラシを連発(>_<)
ラインブレイク、鈎外れ、ロープに巻き付き…ヘタレ全開で凹みまくり。
180911kamisakiura2.JPG
気を取り直してダンゴの準備。今回使用したダンゴには押江込蔵イエロー押し麦とレッド押し麦を配合しレッド爆釣液で仕上げました。
使用したタックルは、ロッドはロッドクラフト伊藤作一閃筏竿硬調1.4m、リールはシマノセイハコウSP、ラインは東レ春夏秋冬2.5号、フックSASAMEプロフェッショナルチヌハード5号を使用しました。オモリは潮の動きに合わせ無し〜Bを使用。
ダンゴ釣りではコーン、サナギのサシエで釣りを組み立て午後3時30分までに34〜47cmのチヌを10枚釣ることが出来ました。
早朝にあれだけの失態を犯したにもかかわらず、狙いの型こそ出ませんでしたが二桁釣れたのはラッキーでした。
180911daisinmaru.JPG
またリベンジせねば…(^-^;

 

| 22:46 | - | - | - | posted by yasui |
<< NEW | TOP | OLD>>