押江込蔵 ANGLER'S BLOG〜釣に魂を込めし勇者たちが集う場所〜

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
猛暑の尾鷲賀田湾
連日の猛暑の中、尾鷲市賀田湾の筏へ出かけました。釣行日は8月6日、この日も快晴でとても暑く熱中症対策をしての釣行です。
180806kat3.JPG
今回お世話になったのは丈丸渡船さん。乗せていただいたフグ筏は屋形になっているので午前中は日差しを遮ってくれるのでとても快適に過ごすことが出来るポイントです。
水深は28mと深く、時に潮も前後に良く動きオモリの使い分け等、釣り方の工夫が必要なポイント。当日もそんな日でした。
180806kat.JPG
午前5時30分に専用桟橋から出船しフグ屋形へ渡してもらい、早速準備。今回使用したダンゴには押江込蔵イエロー押し麦とレッド押し麦を配合しレッド爆釣液で仕上げました。
使用したタックルは、ロッドはロッドクラフト伊藤作一閃筏竿超硬調1.6m、リールはシマノセイハコウSP、ラインは東レ春夏秋冬2.5号、フックSASAMEプロフェッショナルチヌハード5号を使用しました。オモリは潮の動きに合わせ無し〜5Bを使用。
180806kat1.JPG
早い段階からボラのダンゴアタリが出て滑り出しは順調。しばらく押江込蔵イエローオキアミ無双を使用して海底の状況を探ります。
エサ取りの動きを見ながらサシエのローテーション。コーン、サナギを軸にオキアミを使用します。午前8時、コーンのサシエにアタリ。チヌのようで重量感もまずまずですが痛恨の鈎外れ。気を取り直して再度コーンをサシエに選択しダンゴに包んで投入。
ダンゴアタリからコーンのサシエが抜け出すとアタリ。上がって来たのは43cmのチヌ。
それからはボラのダンゴ突きは有るものの雰囲気は急降下。それに加え、昼ごろから筏の下に差し込む潮が早くなってきました。
ラインを送り込んで筏下を探っていきますがチヌの雰囲気は全くありません。潮変りを待つしかない状況です。
180806kat2.JPG
午後3時ごろから飛んでいた潮が緩んで、やっとまともに釣りができる状態に。するとダンゴアタリも激しさを増し雰囲気UP。
ダンゴが割れサシエが抜けるとすぐに触ってきて本アタリに移行するチヌ時合のパターンになり約1時間の間に連発を含め40cm〜51cmのチヌを4枚釣ることが出来ました。
180806jyomaru.JPG
ちなみに当たりエサはサナギ、コーン、ボケで、51cmのチヌはコーンのサシエに‶ズボッ!“っと豪快なアタリを送ってくれました。
それからは時間の経過とともに、逆の払い出す速い潮になり苦戦。ダンゴアタリは有るもののチヌの雰囲気は薄くなってしまいました。
5時30分、久々にボケのサシエにチヌアタリ。45cmの良型チヌがラストチヌとなり午後6時ストップフィッシング。
180806jyomaru1.JPG
結果は40cm〜51cmの良型チヌを6枚とまずまずの釣果に満足な釣行となりました。
| 09:29 | - | - | - | posted by yasui |
<< NEW | TOP | OLD>>