押江込蔵 ANGLER'S BLOG〜釣に魂を込めし勇者たちが集う場所〜

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
暑い!熱い!夏の小割!

梅雨明け後の連日の猛暑の中、熱中症の危険を感じつつも釣りの虫を抑えることが出来ず三重県南部へ車を走らせていました。

7月23日(月)尾鷲天満浦、岩本渡船への釣行です。

午前5時に港を出船し向かった先は、雀島に近い沖小割。早速、釣座をセッティングしタックルの準備。今回使用したロッドはロッドクラフト伊藤作一閃筏竿超硬調1.6m、リールはシマノセイハコウSP、ラインは東レ春夏秋冬2.5号、フックSASAMEプロフェッショナルチヌハード5号を使用しました。

180723tenmaura1.JPG

ダンゴにはアミノイエロー押し麦、アミノレッド押し麦を配合し、レッド爆釣液で仕上げます。

ダンゴの打ち返し1投目から魚の気配があり2投目にはダンゴアタリ。かなりの高活性にこちらもやる気満々。

 

一枚目は直ぐに来てくれました。サナギのサシエに反応してくれたのは38cmのチヌ。そのあとコーンに反応したのは42cmのチヌ。その後も40cm前後の中型チヌを釣り朝の早い時間に複数のチヌをGET。

尾鷲サイズのチヌを狙うべくダンゴの手返しを続けます。昼に近ずくにつれだんだんとサイズもあがってきてマダイ混じりで45cm前後のチヌが揃って午前中で6枚。

アタリ餌はコーンとサナギでイエローオキアミ無双で1枚出ましたが、オキアミだと高確率でヘダイが来ますので、かわすにはコーン、サナギが多少有効。ヘダイはうるさいですが尾鷲名物のゴンちゃんが大人しく1匹釣ったのみでした。

180723tenmaura2.JPG

ちょうど正午を知らせる尾鷲節の市内放送が聞こえてくる時、ダンゴアタックから抜け出したサシエのコーンにチヌアタリ!最初ただ重いだけで??っと思っていたら途中から結構な締め込みで楽しませてくれ水面下にヒラを打ったのは大チヌ。タモに収めて年無しを確信。実寸52cmの尾鷲サイズでした。

180723iwamoto.JPG

その後もボラのダンゴアタリもガンガンでいつ出てもおかしくない状態で雰囲気ムンムンです。午後からはアベレージサイズも上がり45〜49cmが揃います。

結局一日中時合でポツリポツリとチヌアタリを拾う釣りで夕マヅメまで釣り、総釣果14枚でフィニッシュ。年無しは一枚だけでしたが大変満足のいく釣行となりました。ちなみに総釣果写真を撮るのを忘れてしまいリリース後に気づき時すでに遅し…。証拠写真は有りません^_^;

 

 

 

 

 

 

 

| 13:30 | - | - | - | posted by yasui |
<< NEW | TOP | OLD>>