押江込蔵 ANGLER'S BLOG〜釣に魂を込めし勇者たちが集う場所〜

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
海抜0mと1000mで日に焼ける

いよいよ春が通り越して真夏に近くなってきた。

 

海の方は方座と礫、山の方は比良の1000m峰、石楠花満開の堂満岳に行ってしっかり焼けてきた。

 

No1. 方座浦コワリ

 

天気は良かったが海況は厳しく、乗っ込みの大鯛が釣れるかと期待したが無双の落とし込みでポツリポツリと40促ラスの真鯛4枚に終わった。餌取は皆無でインターバルが長く退屈な釣りであった。登山の疲れが溜まっていたので2回も昼寝して疲労を取った。

 

 

 

#元気良かったので写真を撮って放流してやる。

 

No2. 礫浦養殖コワリ

 

こちらは時期的には少し早いが年無しも釣れ始めていたので期待していったが、甘くは無かった。天気は良すぎでパラソルを立てないと暑くて釣りにならなかった。

 

 

 

#ボラの寄りが今一つであったが昼前の2時間程の地合で団子当たりの出ている時にカメジャコを這わせていると、ゆっくり押さえ込む当たりから50堕の良く太った真鯛が釣れた。

 

 

この時が正に地合でカメジャコで3匹、無双と三力で2匹の50汰宛紊梁世辰真紳笋5枚釣る事ができた。餌取は殆どおらずヘダイが1枚だけ。地合には無双で底から上を狙うと丸太のような巨ボラが食い付いてくるので厄介でした。

 

 

夕方にもボラが回ってきたが、夕の地合には団子から抜けた無双にもカメジャコにも食い付いてくる魚は無かった。真鯛はいずれも脱走兵の大きくなった奴でしたが、しっかり締めて持って帰ると腹には油がパンパンにつまり皮を炙って刺身にすると天然真鯛と遜色ない味で、お袋が大量の食材ができたと喜んでいました。

 

海も昔より紫外線が明らかに強まったようで、日差しは真夏なみに強いです。日焼け止めを塗って、水分をしっかり取ってパラソルで直射日光を避けて熱中症対策が必要です。

 

 

No3. 比良の堂満岳

 

山の方は狙い通り比良の1000m峰の堂満岳に挑みました。予想通り厳しい登山でしたが山頂は石楠花が満開で満足度の高い山行でした。

 

#ルートはイン谷口からエントリーします。

 

比良は登りはどこもハードであるが淡々と登っていく。

 

 

#山奥の池:ノタノホリ(堀)

 

 

 

 

#途中ガスって来たが幻想的な景色

 

 

 

#堂満最後の直登、急勾配の登りにふくらはぎがパンパンになります。狭いルートに下山客もおられるので注意して交わします。

 

#平均斜度は45度は軽くある?

 

#汗びっしょりかいて堂満岳に登頂(1057m)

 

#標高900奪薀ぅ鵑ら上には石楠花の群生が所々に見られ、堂満山頂は正に満開の石楠花が迎えてくれました。狭い山頂に花を目当てに10人以上も休憩されていました。

 

 

#金糞峠に向かって別ルートから下山します。下りも急です。

 

#昨年、武奈ヶ岳登山の中継点で通過した金糞峠

 

#青ガレに向かって進みます

 

#正面の左が青ガレの入り口です

 

#この先が落石で有名な青ガレ。

 

 

#前回は登りで入った青ガレですが今回はより手強いはずの下りです。しかし手こずることもなく楽勝でした。鍛錬のたまものです。

 

#プレートの前に回り込むのも難なくこなせました。

 

#大山口手前の隠れ滝によっていきます。

 

#高さは20辰らい有りそうな立派な滝でした。ヒンヤリして1日の疲れを吸い取ってくれました。

 

#イン谷口の登山者受付。今年も既に遭難者、死者も出ています。これからも細心の注意をして比良登山を楽しみたいと思います。

 

| 20:20 | - | - | - | posted by kida |
<< NEW | TOP | OLD>>