押江込蔵 ANGLER'S BLOG〜釣に魂を込めし勇者たちが集う場所〜

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
春の嵐もほのぼの暖かかった浜島の筏釣り

 

 ノッコミチヌが釣れだしている浜島釣りセンターに行ってきた。道中桜の木が結構あり、満開に近かったので街灯に照らされた夜桜が素晴らしかったが雨に叩かれて可哀想でした。

 

 先週初めから黒潮が遠ざかっていたのと雨と風がきつそうであったが、釣果よりも親切で気の良いオバちゃんと船頭さんの顔を久しぶりに見るのを楽しみに出かけました。車で寝ていても夜中はときおり土砂降りで、どうなるかと思ったが何とか1日を筏の上で過ごせた。

 

  周期的に吹くマゼ(南風)で波飛沫を浴びることもしばしばであったが、トイレの影で潜んで風下でおとなしく釣る。

 

  海況は水潮と水温低下で活性は低く、軍師赤&黒で味付けした団子を打っても浜島定番のコノシロが1日寄らなかった。それでも午前中に厚みのあるマコガレイが剛貝で釣れた。

 

  餌取はときおりフグが掛かってくる程度でボケもなかなか取られなかった。ようやく夕方4時過ぎに中鯵が回ってきたのか30汰宛紊励採錣淵泪▲犬無双の刺し餌でバタバタと5匹釣れました。刺身には十分である。

 

 オバちゃんも船頭さんも年は取られたが元気にしておられた。オバちゃんは腰が悪いにもかかわらず出船時も上がった時も荷物運びを手伝おうとしてくれる。まるで息子の面倒でも見るように。「雨の中、最後までよう辛抱したな〜」と労いの言葉も忘れず。

 

 だから、優しいご夫婦に合いに常連さん達が足繁く通われるのであろう。いつも浜島に来ると親父とお袋に会ったようなホンノリした気になる。

 

 船頭さんの話では、夕方鯵が回ってきたのなら沖から暖かい潮が入ってきたのだろう。水温が上がったら、これからまた釣れ出すと思うとの事でした。

| 20:03 | - | - | - | posted by kida |
<< NEW | TOP | OLD>>