押江込蔵 ANGLER'S BLOG〜釣に魂を込めし勇者たちが集う場所〜

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
メジナとヒグラシ

春真っ盛りですが海底と山頂はまだまだヒンヤリしています。

 

 

 

 

海はデップリ太ったメジナ(グレ)を釣りに久しぶりに尾鷲市三木浦に行ってきました。

 

 

 

養殖場のカセからの釣りで、NSR1.4mに2号ハリスで繊細に挑みましたが甘くはなかったです。船頭さんに言われたように棚取りなど色々コツが要るようで手強かったです。

 

 

軍師赤&黒とペレットの効果で寄ってきた25造らいの鯵に邪魔されて、完封負けを食らう寸前で何とか丸々太った38堕のメジナを無双で一枚仕留める事が出来ました。水面下10m位で割れた団子に来たのでかなり浮いてるようでしたが数居ないようでリピートはありませんでした。

 

 

持ち帰った鯵は3枚に下ろして塩と千鳥酢でしめて、メジナは皮を炙って刺身にしてポン酢で喰いましたが日本酒のアテに最高でした。

 

山の方も3パターンをクリアした。

 

No1. まずは湖南アルプスの堂山と笹間ヶ岳コース、No2. 鶏冠山と天狗岳

 

高度こそないがいずれもハードロック、クライミングエリアで足がすくんだ。

 

 

#山頂周囲は岩山らしく厳しい岩場です。トレッキングポールをリュックに収納して、両手・両足を使って登っていきます。まさに格闘技です。

 

#滑ったらイチコロです。

 

#近づいてきました。あの山のてっぺんを目指します。

 

#なんとか登頂

 

#下りも恐い

 

#続いて二座目の笠間ヶ岳を目指します

 

#こちらも岩山です。

 

#山奥には神秘的な池が4つほどありました。

 

#岩尾根を進む

 

#頂上への鎖場

 

#登頂

 

#狭い岩の上は不安定で目がくらむ。周りを見下ろすと、めずらしく目眩がしました。

 

No 2. 鶏冠山と天狗岩コース、こちらもハードでした。

 

 

#結構な急登を駆け上がり、up-downの多いまさに鶏冠の形をした山の頂上には飛ばして50分で登頂。

 

#天狗岩へ向かいます、不気味な山塊が行く手の厳しさを教えてくれます。

 

 

#登山靴のグリップの強さに助けられます。

 

#スリル満点!

 

 

 

#最長不倒point(岩のてっぺん)から

 

#グルッと対岸に回り、先ほどまでいた山頂を見る。人気のスポットとはいえ結構な数の登山者が登っておられた。女性も多く度胸には頭が下がります。

 

#急な下りが何でも無いように見えるから恐ろしい。

 

#800年台に建立された狛坂寺廃寺跡の狛坂磨崖仏。

 

No3. 最後に愛宕山系の難敵、大杉谷左岸のヒグラシの滝探し。大杉谷ルートは昨年末から3回目ですが、傾斜があり険しいコースで有名です。今回は、これまでの変化に富む登山の集大成、死力を尽くしての探索となりました。

 

#エントランスは大杉谷第一ベンチ脇から

 

#別ルートから二度アプローチして撤退しているコースですが、最後は滝の下流からヒグラシまで遡上するルートで、崩落した谷の徒渉に不退転の覚悟で挑みます。

 

#このルートも倒木と崖崩れで、もはや登山ルートとして成立しないと感じました。

 

#倒木くぐりと滑りやすい岩の徒渉が続きます。

 

#余りに過酷なルート。

 

#目の前の景色は超絶景でした。

 

 

#どうやって前進するか集中力で解答を探します。山岳救助隊みたい。

 

#だいぶ近づいてきたはず?

 

#滝の音が強く聞こえてきました!

 

#もう少しか? 帰りはこの辺りまで戻り、崩れやすいこの左手の崖を登攀しました。

 

#滝の頭が見えた。

 

 

#着いてしまうのが名残惜しい様な。

 

#幻の滝、ヒグラシ滝。高さは10mと言われています。

 

#苔むした石塔

 

 

#ヒグラシの滝壺、ヒンヤリした霊気が何とも言えない。

 

#滝の下流の沢から遡上し、距離にしてたった300m程の前進に2時間も掛かった。時間も経っており、同じ軌道で戻る自信はありません。滝壺の脇でパンを食べながら、どうやって戻るかを真剣に考えていました。最短コースは前回に下りでアプローチして、蟻地獄のような崩れやすい崖に途中で諦めて撤退した滝の手前の崖を登るしかありません。予想通り何度も滑りかけましたが、崖の斜面に登山靴を蹴り込んで少しの段差を作り、一歩一歩直登して何とか30分少々で大杉谷本道まで上がる事が出来ました。

 

前回、ヒグラシの滝を目指して、斜面のまん中近くまで下っていた経験が帰路の参考に成り役立ちました。命がけではありましたが、goalに設定した「幻の滝」の前に立てた事は、この冬集大成の山行で、また大きな学習をしたなと感じました。

 

 

 

 

 

 

| 16:23 | - | - | - | posted by kida |
<< NEW | TOP | OLD>>