押江込蔵 ANGLER'S BLOG〜釣に魂を込めし勇者たちが集う場所〜

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
H29 2/19  2/26  === 和歌山 田辺 Fish in the Farmまるちょう  釣行 ===

 あけましておめでとうございます!! 今年も 押江込蔵商品共々 よろしくおねいします。

 

って もう3月!! 1月は 新年会やら御祝会やらで 釣りに行けず 2月に入ると週末は荒れた天候で釣りに行けず ようやく 2/19日に 初釣行。

 

場所は 今年も通いまっせ!と まるちょうさんへ。神島のカセに乗れるか 船頭しのやん に連絡すると 出船は微妙〜な返事。

 

朝は風が残り 昼から収まる予報だったんで無理なら筏に乗ろうと 6時に渡船場へ。

 

朝は やはり風が残っているので 1時間ほど様子みて行けそうなら行きますか?に 即答でOK。

 

 ゆっくり用意していると渡船場に同じ かつき会の市川さん井上さんが来ておられました。出船まで談笑し、お二人とも 筏で良型のキビレを仕留め流石でした。

1番船を見送り ダンゴの用意やら道具の用意して1時間ぐらい経つと まだ風あるけど止む予報なんで行きましょか〜と しのやん。

親船にカセをつけて 湾内を出ると ウネってるやん。沖へ行くほどキツい。 目標の19mはとても無理そうなんで手前の17mポイントへ。

が、ウネりと風で ポイントが上手く定まらず40分ほど掛かって やっとアンカー設置。苦労して設置してくれたんで なんとか頑張ろうと 仕掛けをSET。

軍師 赤を混ぜ込み 釣り開始。

着底して ダンゴが割れるとすぐに コツコツ。グイ〜 と荒いアタリ。

 

お、なかなか引くけど重量感が無い。 30cmほどのチャリコ。

お隣の堅田漁協さんが 12万匹ほど このサイズのチャリコを放流したので どうやら そのチャリコみたい。

 

ここから、オキアミでは ほぼチャリコ! まあアタリがあるだけ楽しいんですが サナギ、コーンでもチャリコと 少し厄介。

 

色々 層を探ったりしましたが ベタ底ハワセぐらいしか 回避できなさそう。

 

下げ潮のお昼には 急に活性が低くなり 風が吹き出し ウネリも高くなり 底をキープさせるのも難しいほどに。

 

なんとか、3時には収まってきましたが 時折 チャリコが釣れるだけで納竿となり 坊主。

 

で 26日は土曜日の朝の予報で 波風なさそうだったので 釣友の中田さんにいきましょか〜とLINE入れると すでに しのやんに予約問い合わせ中!で2人で行く事に。 

 

中田さんは 今年に入り 神島カセで坊主なし、年無しも釣ってて絶好調。

当日 昨夜に予報が変わったらしくカセ出船しても たぶん午後1時まで。荒れる前に釣ってください!と気合の出船。

2隻出船で 19mポイントへ。

ダンゴを打って1投目。 やはり チャリコ。春のチャリコ祭り開催!と思いましたが 2匹釣ったところで しばらく沈黙。

 

前アタリが あるものの喰いこまない。オキアミの頭だけや 掛かっても 唇皮1枚で 喰い渋りな感じ。

 

潮も上だけ 流れている感じで 底は動いてなさそう。 ダンゴをドンドン入れていきますが アタリも少なくエサも残る。

 

前のカセの方も ほぼアタリなしの様子。

 

そんな中、9時過ぎ 隣で よっしゃ!!これは チャリコちゃうぞ〜と中田さんの竿が 曲がってます。

 

重量感ある ええ引き。銀色 ピカピカの綺麗なチヌGET。

10時過ぎにも もう一枚追加。やばい。ボコボコされるパターンか?何とか1枚釣らんと〜と思いながら オモリやエサを色々試しますが 単発で チャリコしか釣れず。

 

波風が ひどくなり午後1時撤収。

残り時間を 通称空母筏に乗せてもらい 最終 4時45分まで 頑張りましたが ポツポツ チャリコ追加で終了。

 

ほかの筏もチャリコ祭りで 1人26枚とか釣れてました!サイズも30cmほどあるのでオカズには最適でした!!

 

 

中田さんの釣ったチヌも2匹目は放精しながら上がってきたんで そろそろ神島カセで ノッコミ爆釣 期待大ですね。

 

また日を見て チャレンジしに行きます!!

 

 

 

 

 

  

 

 

 

| 19:37 | - | - | - | posted by 吉田 栄司 |
<< NEW | TOP | OLD>>