押江込蔵 ANGLER'S BLOG〜釣に魂を込めし勇者たちが集う場所〜

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
白と白、白石湖と白鯨

1、2月は白ずくめでした。

 

 

 

釣りの方は海山町の白石湖です。平日は人も少なくのんびりするには最高です。まん中の筏に上げてもらいます。昨年よりタナゴの活性が低くオキアミの無双が十分持ちます。昼前から集まってきた中層のウグイも無双のそばまで来てUターンします。

 

 

 

そんな感じでしたが昼は天気も良く定番の手羽先ラーメンを美味しく食べて、午後の地合に備えます。14時頃に1時間ほど子ボラが団子当たりしだし、濁りの周囲で15堕の黒鯛の新子が無双の誘いに乗ってきます。

 

 

小さくても銀色に輝いて美しい。1時間ほどバタバタと釣れて団子オケで水族館ゴッコです。記念写真を撮り逃がしてやり、夕方の地合に備えます。16時頃からは30堕のヘダイが1匹釣れただけで、真っ暗に近い18時までやりましたが白石湖らしいデカい黒鯛は釣れませんでした。

 

 

面白かったのは、明るいうち警戒して遠巻きにしていた鴨たちが暗くなると活性が上がってきました。鴨の地合?

 

 

 

客が沖アミなどの餌を捨てるのを良く知ってるのでしょう。目の前まで来て無双を投げてやるとパクッと食べていました。一瞬、鴨釣りを考えるほど良く太っていて美味そうな奴らでした。

 

山の方は、今年は非常に雪の多い年であったようで雪で真っ白の厳しい世界でした。

 

山の部 #1:まずは愛宕登山から。

 

 

 

1月初旬でしたが早朝から清滝はマイナス2℃で、路面は雪でガチガチ。おかげで最初から終わりまでGPS計測で往復9.5kmを全てアイゼン装着しっぱなしでした。前日にアイゼンを付ける歩くのを楽しみにしていた罰が当たったようで、久々に下りでふくらはぎがつりそうになりました。

 

#登山道の脇には雪の重みによる倒木が目立ちます

 

#水尾別れの小屋のつらら

 

#表参道の登山道は歩きやすいように溝を作って整備してくれてます

 

#愛宕神社周辺では雪は40属幣綫僂發辰討い泙靴拭

 

 

 

#愛宕神社の中、着いたのが正午でしたが休憩所の温度計はマイナス6℃で、指が痛いはずです。

 

山の部 #2:雪の烏帽子岳〜瑠璃渓コース

 

亀岡の赤熊登山口から烏帽子岳に登り、雪に埋まった鯨のような烏帽子岩を見るための山行でした。冬の積雪期には初めてのアプローチなので距離も難易度も厳しい事が予測され、前夜は不安と緊張で一杯でした。雪の積もった路面はルートが解りにくく予想以上に過酷で厳しい雪山登山でした。

 

#音羽渓谷に沿って登ります。少しづつ凍結した雪が増えてきます。

 

#密林の中は正に迷路です、雪のない時でも迷路なのですが。

 

 

 

#危険を冒してきて良かった!来たものにしか目に出来ない景色で、イメージ通りの白鯨でした。鯨岩(烏帽子岩)は最高で苦労して見に来た甲斐がありました。周りの積雪は30造任泙襪破牟砲侶澆任后

 

#烏帽子岳はまだまだ序章で、ここからの距離がまた長い。半国山と烏帽子岳の間の無名峰に登って下りるコースは今回も迷いました。鹿やハクビシンなどの足跡を参考に進みますが方位計で二度進路を修正して何とか「牛つなぎ広場」にたどり着きます。

 

 

#広場から南西に瑠璃渓を目指します。人の足跡は皆無です。

 

#今回、一番集中したトラバース路、雪がなければ苦にならないのですが微かな出っばりを踏み外すと右の崖下に滑落です。自分を信じて淡々と進みます。

 

#お気に入りのロープの木、雪で元気がありません。

 

#自分の足跡を振り返ります。マタギになったみたい。

 

#雪山の長い距離を歩いてようやくシャバに戻ってきました。日当たりの良い集落はポカポカ暖かく天国です。たった今まで、あの山の向こうを歩いてたのだな〜と不思議な清々しい感覚に襲われました。

 

#瑠璃渓の歩道の周りは雪が残っています

 

 

#瑠璃渓ホテル近くも路肩にはタップリ残雪が

 

#烏帽子岳の鯨岩の横で食いたかった恵方巻が瑠璃渓温泉ホテルで売っていました。実が詰まっていて椅子に座って丸かじりした美味さは格別でした。

 

山の部 #3:田尻谷から梨の木谷を下る

 

前週に強烈な寒波と大雪雪崩注意報、凍結のひどさから京北町細野口まで来て泣く泣く撤退したルートの再挑戦です。そのまま突入してたら田尻谷の密林から、生きて出れなかったかもしれないと無人の冬山の厳しさを再認識しました。

 

#左が田尻谷〜松尾峠ルート、右が馬谷〜榧の木峠ルートの分岐部、左に入っていきます。

 

#沢の脇にある昔の田尻廃村住民の古い墓地です。お参りし無事を祈念します。

 

#倒木が何度も行く手を遮ります

 

#何度も倒木潜りをしてウインドブレーカーもリュックもドロドロ、これでもタオルで拭いた後です。

 

#沢沿いの道は岩や切り株ででこぼこ、雪で解りにくく加えて倒木が幾重にも前進を阻みます

 

 

#いくつもの関門を通過してようやく松尾峠に近づいてきました。秋にはススキで柔らかった山容も今日は雪で寒々しています。

 

#自分の足跡を振り返ります。松尾峠からウジウジ峠までの峠道も30〜40造寮兩磴如△海隆屬量3.5kmの歩行が体力を奪います。嵩張るからとスノーシューを持ってこなかった事を後悔しました。

 

#誰もいないウジウジ峠の貯木場

 

#路面は凍結し吹雪いています。幻想的。

 

#かなり消耗したので谷山林道からジグザグルートを通りショートカットして梨の木谷に下ります、しかし、これが誤算でした。勾配の強い左の土手から雪の重みで大量に倒木が道を塞いでくれます。元には戻れないので死力を尽くして前進します。

 

#これでもかと倒木の群れ

 

#立ち止まって潜れそうな隙間がないかcheckします。昨年までに危険一杯の細野峠から芦見谷の間の大倒木地帯を4度踏破してきた経験が生きてきます。

 

 

#梨の木谷を塞ぐ厳しい倒木が6ヶ所はあったでしょうか。何とか最後の倒木をクリアしてホッと後ろを振り返ります。もう無いよなと。なんとか無事に清滝にたどり着いた時には精根尽きかけていました。

 

山の部 その4:雪の馬谷を巡る

 

今年の雪のある間に、最後にどうしても見ておきたかった景色、それは田尻のもう一つのルート、田尻分岐部右側の馬谷である。田尻谷に入った翌週に訪れました。

 

 

#先週より雪は随分減っていますが奥に入るにつれて増えてきます

 

#この日は倒木との戦いとなりました。アチコチで倒木が行く手を塞ぎます。

 

 

#一つづつ潜り抜けていくしかありません

 

 

#雪崩れてきそうな雪も

 

 

#雪解けの水で沢の水量も多く美しい滝の景観が目を引きます。

 

 

#雪でぺちゃんこになった小屋

 

 

#馬谷一の絶景point、倒木の位置が微妙に変わっていました。

 

#峠道にはまだ雪がしっかりと

 

#ダルマ峠から龍の小屋の間の倒木がまた凄かったです。大規模災害を目の当たりにした感じで締めくくりに相応しい?

 

 

#5〜6ヶ所はあったでしょうか、かろうじて抜ける事が出来ました。

 

#龍の小屋が潰れてないか心配しましたが、よく考えて場所を選んであるためか無事でした。

 

#首無し地蔵に向かいます。この後は予想通り倒木はなくて助かりました。

 

#地蔵手前の最後の登り

 

#雪に突っ込んでストックを綺麗にします

 

いずれも距離・内容ともヘビーなコースでエネルギーを使い果たしましたが、雪の多い季節でしか見る事の出来ない京都北部の雪山の素晴らしい景色を堪能しました。

 

| 20:58 | - | - | - | posted by kida |
<< NEW | TOP | OLD>>