押江込蔵 ANGLER'S BLOG〜釣に魂を込めし勇者たちが集う場所〜

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
海抜ゼロから1377mまで(後編)

つづいて山の部です。

 

今年も京都と滋賀の近場ではありますが、本当に沢山の登山に行きました。標高は1377mの伊吹山が一番高かったですが、低いとは言え大半のルートは殆ど人の入らない密林地帯で、昨年からの総走行距離は山中だけで1050km歩いてきました。1回当たりの累積登攀距離も700〜1400mなので毎回平均1000m前後を上り下りした事になります。この距離と超ハードな険しい内容は低山とは言え誇れるものと自負しています。思い出深い山行だけ紹介していきます。

 

まずは1377m、滋賀の主峰、人気のある日本100名山の一つの伊吹山です。

 

 

 

 

11月の山行でしたが、この日は1日小雨が降りガスって景色は見れず、おまけに粘土質の山肌が多く靴が泥まみれになりました。

上野登山口からのアプローチです。

 

3合目から上はガスまみれで酷い時は視界20メートル程度でした。それでも流石100名山、ゾロゾロと登山客が続き、子供連れもいておそらく50人位は当日登られていたと思います。

 

 

何も見えないので黙々と登って3時間少々で登頂しましたが、最後までガスに覆われ琵琶湖を望む絶景を拝む事はありませんでした。

 

 

 

 

ドロドロの靴で山頂の少し奧にある1等三角点にタッチします、下山後はもっとドロドロになってました

 

 

 

8合目から上は結構な急勾配で登りごたえがありましたが、天気の良い時に再度トライですね。

 

次は12月のロストワールド、田尻谷から月輪寺まわりのロングコースと半国山の初冠雪の絶景です。

田尻谷と馬谷は愛宕山系で一番好きなHGですが、廃村田尻の南に位置し、松尾峠と榧の木峠に通ずる三角地帯は、まず人の入る事のない究極の静寂エリアです。

 

昨年も書きましたが馬谷はジュラシックパーク、田尻谷はロストワールドで微妙な違いは行かなければ解りません。ペンション愛宕道のある京北町細野口からのアプローチも、そこそこ距離が有り非常に遭難しやすい魔のtriangleと思います。

 

#廃村田尻

 

 

#右が馬谷、左が田尻谷の入り口、すぐに道は無くなります

 

#昔、田尻住民が通ったであろう朽ちた橋をソロッと渡る

 

 

 

#自然に戻りつつある木々、感じが出てきた

 

#倒木の上に生えた沢山の杉の子、この下をくぐる

 

#トワイライトゾーン

 

 

 

#杣人が生きた証の石積み

 

 

#まさにクライマックス

 

#土管の亡骸

 

 

 

 

#分岐部から2時間ほど谷を遡上すると松尾峠から差し込む光が田尻谷ルートの終わりを教えてくれる

 

#ススキの柔らかな山容

 

#松尾峠の東の朝日峰に寄っていく

 

#帰りは再び松尾、榧の木、うじうじ峠、ダルマ峠、首無しロープ場経由で愛宕神社に上がり月輪寺回りで清滝まで下山する

 

#山と崖に挟まれた月輪寺の家屋、谷底への地滑りが心配です

 

 

最後は初冠雪の半国山〜瑠璃渓コースです。この日は気温が下がりアチコチの山が白くなっていました。今回は千ヶ畑登山口から半国山目指して北に上がる初めてのルートです。さっそく気温0℃でした。

 

 

 

 

 

#登るにつれ雪が増えてきます、道も解りづらくGPSで確認するとイメージ通り

 

 

 

#この先を直登

 

#山頂直下、踏み跡も見えないので、いつもの下りルートを外していましたが頂上目指して登るのみ

 

#懐かしい亀岡の主峰、半国山の山頂(774m)、10分ほど休んでいると北側(左)から真っ黒い雪雲が接近、突風が吹いてきました

 

#長い下りの北面は-3℃位か、積雪は15〜20造妊襦璽箸聾えないし軍手をした指がジンジン痛く、あと30分も曝されたら凍傷になると確信しました

 

#滑り落ちたら御陀仏、無人の雪山登山の厳しさを実感し遭難を身近に感じました

 

 

#200m程下りようやく烏帽子南峰と半国間のコルです、温度も少し上がり指も助かった!

 

#足跡一つない新雪の瑠璃渓コース

 

#瑠璃渓に向かい南西方向にトラバース

 

#以前紹介した不思議なロープみたいな木、積雪verです

 

#ルートを塞ぐ倒木、前回はなかった

 

 

 

#日差しが出口に近いことを教えてくれる

 

#誰もいないリンゴ村で休憩、ようやくシャバに帰ってきた感じ

 

 

#雪の名勝、瑠璃渓、流石に誰もいません

 

 

 

 

#通天湖の砂防ダム、7時間の旅の終わりは近い

 

 

さて、雪の半国山から2wk経ちましたが愛宕山もしっかり冠雪し竜ヶ岳から北は遠目にも真っ白です。登り納めは今期初のアイゼン装着となりそうです。海と山に感謝。

 

それでは、みなさん良いお年を!

 

 

| 18:04 | - | - | - | posted by kida |
<< NEW | TOP | OLD>>