押江込蔵 ANGLER'S BLOG〜釣に魂を込めし勇者たちが集う場所〜

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
H28 6/26  〜〜〜和歌山 田辺 Fish in the Farm まるちょう 神島カセ釣行 〜〜〜 

 今月も釣行はしてますが、なかなかチヌに出会えず。ダイジェストで。

 

6/5日の KAYUKAWA隊長の記事にある 菅島例会では 大きめチャリコとカワハギのみ。好調な場所でしたが坊主。

18日の土曜日も 三重県 須賀利 の川村釣りセンターさんへ!

 

えさきち 大内山館で見た事ある後姿やな〜と思えば 中園テスタ〜でした^^

 

お互いに玉砕覚悟でがんばりましょ(笑)

 

初の釣り場だったんですが あら丸は何度か行ってますんで あら丸の渡船場すぎたカーブの所が 川村釣りセンターさんでした。

 

予約したのが前日だったんで筏は1号のみ。チヌ狙いならカセですがエサトリはキツイ。デカ真鯛も釣れたらいいな〜とのスケベ心で水深35mほどの1号筏に乗せてもらいました。

 

ほかの方のブログや記事で見たとおりに大きい筏で 屋根あり トイレあり スカリあり ベンチあり でした!

船頭さん「カセも2台空いてるから あんまり活性良くなければ移動したいって電話ちょうだい〜」 

 

 35m底まで届くしっかり握るダンゴで攻める。 1投目トラギス。次もトラギス。また トラギス。

 

あまりハワセないでトントンでまっても たま〜にチャリコがくるのみ。

お昼の見回りの時に船頭さんが

 

「どない〜?カセ行く?いまから行くなら3時までダンゴ撒いて そこから落とし込みだけで釣りしたらチヌ釣れるとおもうよ〜」

 

さすがチヌ釣りする船頭さんだけにアドバイス的確です。

 

でもここまでステージ作ってるんで粘って夕方に期待しますわ〜と続行。

 

昼寝もして午後2時 ボラの反応なく隣の筏ではヘダイやグレが釣れてる様子。エサトリもいない時間が続きます。

 

いきなり固く握ったダンゴにゴン!とダンゴアタリ。もう1回ゴン!!ってきますが ダンゴが割れない。まだまだ握り加減下手くそです。少ししてダンゴが割れます。エサは ボケと針先に無双オキアミの抱合せ。

 

モゾ。モゾ。 ス〜っとアドレナリン出まくりのアタリ。合わせた瞬間 ええ感触!

 

2枚潮だったんで ハリス1.75号。35mの やり取りを堪能しつつ 無事GET!!

 

小さくもなく大きくもない普通サイズの脱走真鯛。

まあ、やり取りの途中で なんとなくわかってましたが引きは楽しませてくれました。

 

納竿間際には ボケでモたれていくアタリ・・・・・  

 

 

ええサイズの ガシラ君で 終了!! 

 

この時間に隣の筏ではチヌGET。カセでは数枚釣れていたようで 次回はカセに乗ってみようと思える雰囲気ある面白い釣り場でした。

 

で、26日の日曜日。土曜日の昼過ぎに天気予報みたら 風なし波なし 天気晴れ。ちょうど日曜日予定が空いたところだったんで すかさず まるちょうチヌ担当 しのやん!にLINEで

 

吉田「明日は カセ空いてるん?」

 

すぐにLINEで返事

 

しのやん「満員ですが なんとかします」 

 

 最初はホンマに満員なんや〜天気ええしな〜 無理ならドコ行こうかな〜って考えてましたが ・・・・なんとかする??カセなんかなんとも ならんやろ!!

 

すぐさま、携帯で電話

 

吉「もしもし、しのやん!ほんまにカセ満員か?」

 

しの「ぼくの心の中はいつも お客様で満員です」

 

おい、誰も予約ないんかぃ〜!! まあ、いつもの会話です(笑)

 

しの「いや〜豪雨で水潮でまっ茶色 湾奥のお客さん断ったんですが 神島ならたぶん大丈夫でしょう!」 

 

吉「ブログで書いてたアミエビ4kg(400円)と激荒1ヶ(500円)解凍しといて〜」

 

と予約完了!

 

ボケが欲しかったんで和歌山のエサ屋さんに何軒か電話しましたが小さいのしかない。雨続きやし入荷も不安定だと。

 

ダメ元で 貝塚のTポートさんに電話すると 大きいボケ有りますよ!在庫もあります!で即予約。ここは、押江込蔵商品も揃ってますしエサのラインナップも豊富です。

5時過ぎ到着。すでに明るい田辺湾!このゲートから入るので荷物を前に降ろして 受付を待ちます。

 

カセは僕だけですが 筏は3組!筏は好調なようです。

6時前に行きましょか〜と しのやん!! 

 

吉「受付で金だけとって アミエビと激荒もってけ〜へんつもりやな」

 

しの「忘れてた。アミエビ10個でしたよね」

 

吉「そうそう。9個キャンセルするけどね」

 

いつもの事です(笑) 

 

神島につくと 緑色で上層はゴミが多い。浅場14mか深場16m 瀬に近いか 沖に出すか!場所は しのやん おまかせでいいよ。 で掛け上がりの16mポイントに掛けてもらいました。

 

アンカー掛けるときは 無言で山立てしながら真剣モードの しのやん。この時だけ こっちも黙ってます(笑)

 

ガッチリ掛けてもらいOK!!

 

この日は特別な日でもあったんで 堅田のコワリ群に向かって合掌!!

 

ダンゴを 軍師赤で混ぜて アンコにアミエビと激荒を混ぜて10個ほど投入。

ハリスは1.75号。無双オキアミで釣り開始!!

 

1投目 コッパグレ。 2投目 ダンゴアタリから アオアジ(丸アジ)。 次も アオアジ。

サイズは30cmぐらいあり 塩焼き タタキは美味しいんでキープしていきます。

 

20cmほどのマアジも 釣れて弱ったのは〆てクーラーボックスへ。アジ祭り!!これも楽しみの1つ。

 

5匹ほど釣り チャリコも混じり活性高く雰囲気は良さげ。

すると急に オキアミが残ります。誘い上げても無反応!!

 

 お、デカイ奴きたんちゃうん〜ワクワクしながら 大き目のボケを投入。

 

ダンゴから割れて 20cmほど ハワセます。 

 

モゾモゾ、モゾモゾ。  あまりに長いモゾモゾに我慢しきれず 竿を振り上げます。

 

ガツ〜ンと 竿が弓なりに曲がり いきなり走り出します。

 

 コロやね!!と言いながらも なんか走る角度と引きがおかしい??

 

エイならもっとニョーン ニョーンて引くし あんまり引かんのに突っ込むと時は魚みたいにアタマ振る。

 

竿の弾力でためながら 浮かしてきたやつは〜〜

ジョーズ!! 目つき悪いジョーズ。

 

そら、アタリ無くなりますわね。

 

釣り上げたら アジは戻ってきましたが2匹ほど釣れるとまた 無活性に。

 

背中から風が吹いてきて カセが揺れ始めました。時折 風でビチャっとシブキもかかりはじめます。

 

マジか!無風 ベタ凪ちゃうんかい。とスマホで天気みると波2m 風5m。いつ変わってん!

 

アタリもわかりにくく デカイ船が通るたびに激しく揺れます。

11時の見回りにきた しのやん!

 

しの「荒れてきてますね〜!こんな日選んできてるんですか?もう帰ります?」

 

吉「なんでやねん!!昨日までの予報とちゃうやん!風やむんかいな?まあ、これぐらいなら撤収する気は無いけど」

 

しの「風向きは変わると思いますが 気温によっちゃ波も高くなるかも?」

 

吉「まあ、がんばりまっさ〜」

 

と昼からは状況は良くない。この日の干潮は15時47分。ゴールデンタイムは底潮なんで期待薄。

 

カセが揺れすぎて ラーメンの湯が沸かせそうにないので昼抜きで集中。

 

午後1時、ダンゴ投入後手持ちで割れるのを待っていると ゴゴゴっと持っていくようなダンゴアタリで割られます。

 

ボラ? エサはボケと無双オキアミの抱合せ(活性低いときは多用してます)

 

割れた瞬間 穂先を下げて 馴染ませます。波の上下の中 モゾ。 モゾ。 入れ〜入れ〜と聞こえたのか スッ〜と穂先がオジギしました。

 

バシっと合わせて 少し軽いですが なかなか元気!

 

ようやく チヌGET 36.5cm。小さいですが綺麗な魚体で苦労した嬉しい1枚。

 

いまが時合やと同じエサで投入。激しくズボっとアタリで同じくらいの重量感だったんですが中層でブチッと感触とともにバラシ。

 

針はあったのでアジなのか 掛かりが浅く口切れなのか もったいない1枚。

 

そこからは、干潮時間もあり潮も2枚潮で早く何のアタリもなく終了でした。

 

午前中にも、ダンゴが1度割られたんですがエサには喰いつきませんでした。いきなりのダンゴアタックに少し驚いてダンゴ確認でエサを誘い上げたからかな〜と。

 

 もう1枚釣れてた?と思う反省と次回来た時釣ってやる〜と気分になりました。

 

港でしのやん カノさん と話していると堅田で釣りをしていた釣り友さん達合流。こっそり釣行していたので あれ、今日釣りしてたん?みたいなワイワイ ガヤガヤと。

 

え〜ちゃん 魚いる〜?と 楽友会の佐々木会長に天然真鯛と40オーバーのヘダイ(刺身最高)頂きました。アザッス!!

 

みんな、まるちょうに集まって次回はまるちょう来るわ〜とか しのやん最近釣果どない〜とか 店長と一緒に釣り堀用の魚にエサをあげる子供さんとか すごいアットホームな渡船屋さんです。

 

筏の方も、釣果ありで まるちょう筏通って初チヌです!て方が2人。 しのやんと笑顔で話されてるのを見るとこちらも笑顔になりますね^^

 

しのやんは要望あれば しのやんダンゴ(普段休みの日に自分がチヌ釣り用)を用意してくれますし 攻め方も筏の隣にきてレクチャーしてくれます。 筏も 沖に移動して飼い付けしてから釣果は安定して出ています。

 

梅雨明けには 夏チヌが面白くなる筏 神島カセ 是非チャレンジしてください!!

 

 

 

 

 

| 17:42 | - | - | - | posted by 吉田 栄司 |
<< NEW | TOP | OLD>>