押江込蔵 ANGLER'S BLOG〜釣に魂を込めし勇者たちが集う場所〜

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
H27 2/7 2/11  〜〜〜和歌山 田辺 Fish in the Farm まるちょう  筏・カセ釣行 〜〜〜
 ほんとは、この前にTEAM込蔵軍団で服部水産で釣行予定が 名阪国道でなにか金属片?のようなものを踏んでしまい タイヤバースト!! 夜中3時に名阪国道で茫然としましたが自分でスぺアタイヤに履き替えて ゆっくり無念の帰宅。

やはり道路上で高速の車が横を走っている中のタイヤ交換は恐怖でした。安全を考えるとJAFやロードサービスに電話して対応してもらうのが一番だと思います。

で、その日持っていく予定だった 軍師を混ぜ込んだダンゴ!!早く使わなければって思ってた時に同じクラブの仁木さんが まるちょうカセ行ってみたい!!とメールがあったので一緒に行く事に。

が、この季節 やはり天候が変わりやすく当日は風の影響でカセは出ない。筏が2台空いていたので 坊主確率下げるために 分かれて乗ってアカンかったら活性高いほうに移動しようか〜とスケベな考えで(笑)

僕は一番沖の3番筏、仁木さんは釣り堀側 新設筏に乗りました。

混ぜ込み済 のダンゴを入れてボケの広角でチェック!! まるちょうさんでは、モーニングの広角ではキビレやチヌが結構釣れます。

左右、足元と探りましたが反応なし。とりあえず、朝そば食べながら ゆっくりします。

すると仁木さんから電話で、モーニング2投目で チヌ釣れたで〜!!て まじっすか。ええですね〜。って話していると またアタってるから電話切るわ〜!! でキビレもGETした様子。

しばらく探りましたが全然触りもしないのでダンゴ釣りに。

時折 強い風が吹いてますが筏には屋根、風よけのコンパネがあるので中は快適。暖かいぐらいです!

チヌ担当の しのやん!が最近 船頭ブログ まるちょうチヌ通信を書いており 一昨日は筏好調宣言まで飛び出して 昨日は渋い中 小型ながらもチヌ キビレが数釣れています。

ダンゴを打ちながらも 広角で探りますが無反応。隣の筏では、アタリがあるみたいでヘダイやボラの姿まで。

仁木さんに状況聞くとエサは時たま無くなるようで12時に場所移動して隣にお邪魔しました。

が、移動してからも活性低い状態で 僕はアタリもなく終了。仁木さんは納竿前に いいサイズのキビレを広角で仕留めてました!!さすがでした。

陸に上がり しのやん!にめっちゃ低活性やんか〜明日のブログに しのやん!うそやん!坊主やん!て書いてや〜と文句を言いながらも 木曜日の祭日も休みやから天気よければ 神島カセ行くかも〜と言いながら帰宅しました。

で、水曜日に天気予報みると 波無し風無し 晴れ!!すぐさま、しのやん!に予約電話しました。

カセも空いていて釣友の中田さんに一緒に行きましょか〜とお昼にLINEすると 止めとくわ〜!!

スバリ。

しかし、夕方6時にはLINEでTポートにボケ予約しといたで〜。 

ズコ〜〜〜〜!!

っと喰いつきました(笑)

行く途中の高速では雨が降る予想外の天気でしたが現地は晴れてました。この日は気温も急上昇の予報!!

まるちょうさんで知り合った、ヤスダさん、細川さん親子も来られて皆さんヤル気マンマン!!

受付を済ませ まるちょうチヌ通信に書いてたシラサエビを試しに買ってみました。なかなか大きいサイズで1杯300円。ブクブクだけ持参すれば水も車に こぼれないし電池も少なくすんで便利です。

背中に十字架の中田さん、なにか悪いことでもしたんでしょうか(笑)


押江込蔵商品も売っているので受付で買えます!!特に軍師は好評いただいているので、この日も中田さん買ってくれていました!

明るくなり出船!!細川さん親子は筏で勝負。カセは3隻 神島へ!!

すこし、ウネリあるぐらいですが いい天気で風もなく釣り日和。

いつもより少し沖のポイントに3隻 順番に縦に並ぶ感じで固定。

水深は17mほど。ワクワクの1投目。ボケにコツコツ 当たります。だいぶ送ってからアワセるとチャリコ。

魚の反応があるだけで嬉しい。エサトリは 少しいる感じですが頻繁にはアタリません。

中田さんがボケでフグを釣ってからはしばらく反応なし。まあ、夕方時合くるやろう〜と二人でワイワイ言いながら釣り。見回りのしのやん!も魚探には少し反応でてますが たぶん2時からと思いますわ〜と。

11時頃 中田さんが オキアミ付けたら な〜んか触りよる。でもエサそのまま上がってくるし 少しカジってる?みたいな状態なんやけど 何やろか?正体知りたい!!と真剣モード。

僕も横から穂先見てましたが 確かにダンゴが割れてオモリで少し張り気味にしてると ほんま小さくチョチョ。でもそれで終わりで オモリ外したり重くしたりと中田さんがしています。

4Bのオモリでまた、チョチョ。よくコワリにいるミニハオコゼのアタリに似て触る感じ。でエサトリちゃいますか〜て見てると2回目のチョチョ。 の瞬間 中田さんがアワセ!!

ガツンと竿が曲がり穂先を叩いてる。ギラッと銀影!見事なチヌです。

マジっすか!!いまのがチヌなんですか!自分やったら アワさんアタリですわ〜。すげ〜!!と驚きでした。

中田さんも神島で 何?それアタリ?波じゃないの?よくみたら少し違うか?の違和感で掛け合わせて隣でバンバンチヌを釣られ教えてもらった経験があったそうです。

特にこの時期 神島ではこのアタリをとれないとチヌが釣れても数は釣られへん!!て言うぐらいだそうです。

実際みるとええ勉強になり固定観念ってのは アカンな〜!よし ガンガン合わせようと穂先に集中。

しかし、なかなかアタリがでない。ふと見ると ヤスダさんの竿も曲がり チヌ釣れたで〜と叫んでます。

時合やな〜と思ってると風が出だします。風が出ると波も出だします。こりゃ、アタリわからんぞ〜と中田さん。

みるみる、荒れてヤスダさんは無理や〜と しのやん!に電話して撤収。

陸にいた しのやん!も沖が荒れてると全然思ってなくて撤収作業も一苦労。こっちにも しのやん!から電話掛かってきて気温が急激に上がりすぎたんで波 風出たみたいで今日はもう止まないと思いますんで安全第一で一回港戻ってから撤収に向かいますわ!

これからって時ですが、仕方ありません。

しのやん!が 「あと1時間ありますけど湾内で釣りしますか?」

エサ余ってるしお願いします!で湾内の養殖のコワリにカセを掛けて シラサエビでチャリコの激しいアタリを満喫して納竿としました。

ドヤ顔全開の中田さん!!それを撮影する しのやん!!
 
厳しい状況でも釣る人は釣る。まだまだ、引き出しの少なさを痛感。いまから いつ爆釣してもおかしくない神島。違和感アタリを獲れるように 坊主街道爆進中!!まだまだ通います^^

長文最後まで読んで頂き ありがとうございました。

 
| 12:19 | - | - | - | posted by 吉田 栄司 |
<< NEW | TOP | OLD>>