押江込蔵 ANGLER'S BLOG〜釣に魂を込めし勇者たちが集う場所〜

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
H28 1/10 〜〜〜 三重 神前浦 六〇渡船 釣行 〜〜〜
今年の初釣りは 所属クラブ かつき会の初竿会で 六〇渡船さんに行ってきました。

ここ最近の釣果は ポツポツながら釣れていますし 35m弁天筏では 大アジも回遊中の事。

ムカエの筏、カセ と弁天筏 二手に分かれます。

ぼくは 前日もチヌが釣れているムカエ。ジャイケンに勝ったのでカセに一人で乗りました。


て、言いましても 筏の隣にカセがあるんですが。左側に橋本さん。右側に平山会長。

前方には、アミ干しの筏。小林さんと伊集院さん。



話ができる距離なので 楽しく釣りが出来ます。


で、海の状況はといいますと ダンゴを定期的に入れますが低活性。朝のうちは チョイチョイ ボケがかじられましたが日が上がってからは 無反応。

願いをかけて朝ごはんのうどん。

広角に 前後 左右 中層と探りますが反応なし。

弁天組は 40オーバー混じりのアジが 早朝から入れ掛かり。昼間に 弁天に移動しようかと迷いましたが朝からステージ作ってるので 夕方の1発に期待して 邪念を打ち払います(笑)

昼寝をしていると 隣の橋本さんがダンゴアタリでる!と。 まじっすか〜と見ていると 竿が曲がります。

少しボラっぽい?て引きですが 姿みえるまでわかりません。もう少で見えるかな〜て見てると 橋本さんが 「こりゃボラやな。」と ハサミ片手に ハリスプッツン!!

「ボラでしたか〜。でも ダンゴに寄ってきてるんですね〜羨ましい〜ですわ!」と言うと

「いや、見えてないけど あの引きはボラやな。チヌはあんな引きせ〜へん!」って 

平山さんと二人で 一瞬絶句しましたが 橋本さんらしいわ〜と みんなで大笑い!! その後も オキアミを食べながら釣りをする橋本さん(笑) お酒のアテに最高ですわ!と笑顔。

釣りに集中しすぎて 練炭で焼いてたパンを真っ黒焦げにする橋本さん。 アタリの無い時間も楽しませてくれました。

5時納竿。激熱タイムの4時になり 風を正面から受けるのがキツイと平山さんが橋本さんの隣に。

僕は ダンゴを切り広角 足元でじっくり狙います。 やはり 橋本さんのポイントはボラがいてる様子で2匹ぐらい針掛かり。

そんな時、平山さんの竿が曲がります。タモ入れしたのは チヌ!!40後半ありそうです。

「なんかボケに触ってきててなかなか喰いこまんかったけど じっと待ってたら最後は押さえ込んだわ〜」

さすが!! 一瞬の時合でチヌ捕獲!!こちらも、竿先に集中してると。

「うわ!! え〜〜なんやこれ〜」と平山さんの叫び声。

「どないしたんですか〜?」と聞くと 

「いや、チヌストリンガ〜に掛けて海中へおろしたら ストリンガ〜折れて チヌ逃げた!」と 茫然としています。

一流メーカーの1回しか使ったことないストリンガーですが、小林さん曰く 折れやすいって噂がでてた商品みたいです。

ムカエ組は その幻の1匹だけでアタリもほぼ無い状態で納竿。

弁天組はチヌは釣れませんでしたが1人40前後のアジを20匹ほど釣り上げ チダイも数枚。探ればアジのアタリで良く引くし腕痛いわ〜と高活性だってようです。

欲しそうに指をくわえて見てると、正次さん、きみちゃんが どうぞ持って帰って〜って15匹ほど頂きました(喜)

いまから寒さも水温低下も本番ですが 坊主上等で釣りに行きたいと思います。

最後まで読んで頂いて ありがとうございました。
 

 
| 12:40 | - | - | - | posted by 吉田 栄司 |
<< NEW | TOP | OLD>>