押江込蔵 ANGLER'S BLOG〜釣に魂を込めし勇者たちが集う場所〜

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
激熱の釣り場、良くない状況でもポテンシャルを引き出せば。。。

 昨日、先日遅れたいた乗っ込みに出会って良い釣りをさせて頂いた引本浦尚栄丸さんに、
倶楽部の例会でお邪魔させて頂きました。

少し落ち着いてきた様で、最近はポツポツと言った状況に、
期待と不安が入り混じる中、倶楽部の精鋭11人と、ゲスト1名の12名で楽しく一日ワイワイと釣りが出来ました!


結果は年無しのGETとは行きませんでしたが、49センチを頭に4枚GET!
ミドルサイズではありますが体高が有り、右腕よりかなりの乳酸を発生させてくれる猛烈にパワフルな輩もGET!


後はヘダイにウグイ、大きめのカワハギ、そして今年は何処に行っても大量に湧いている小鯖!
海の状況はまずまずの活性でした\(^^)/

当日は点在するコワリ郡をすり抜け今年のお気入りの沖のコワリ郡に全員で乗り釣り開始(*^_^*)


ここのコワリは全て一枚の板で繋がれており、4基の連結コワりを自由に行き来出来、
仲間と釣りをする際お互いに話も出来楽しい釣りが出来ます!

朝2時間程で団子を2杯程打ち込みと待望のボラが寄り、期待度が高まります。

当日は小潮周りに加えて、前日の大雨の影響かヘダイが戻って来ており邪魔をしてるのか、
ボラの活性が上がるも、黒鯛の気配が感じられない時間が続きます。

団子を三杯打ち込んだ辺りでようやく黒鯛の気配が感じられます!

黒鯛居ますよ〜〜〜と同乗者達と話をしながら穂先に集中しますが、
中々穂先に食いのシグナルが現れません(>_<)

試行錯誤しながら、餌取りの当たりを交わし送り込んでいたその時、
かすかに黒鯛の食いアタリの後穂先が震えた所をフルスイング!

竿を持つ手に程よい重みを感じて、やり取りを開始(*^_^*)

大型の感触は有りませんが、本命の手応えを感じで浮かせると、
45センチの綺麗な黒鯛がタモに収まりました\(^^)/

ボーズを逃れる本命GETでは有りますが、
コワりでは大きなサイズより釣れてくる傾向が強く(あくまでも私の経験ですので)、
一抹の不安が過ぎる一尾目では有りました。

結局型も数も小さな群れだったのか、その後忘れた頃に拾う釣りを強いられ、
最長寸は49センチと年無しには届きませんでし。

しかし、先日もコワリに潜られてラインブレイクで悔しい思いをした、
大きな真鯛も仕留められ、自分的には十分満足した釣りと成りました(*^_^*)

サイズ的には66センチとミドルサイズでは有りますが、体高も有り過去仕留めた大きな真鯛の中では、
格段に抵抗を見せ、味わった事の無い引きを楽しませてくれました\(^^)/

他のコワりの状況ですが、大きな真鯛らしい輩はコワりに擦れブレイクが2発、
本命も同サイズが2枚と日ムラ場所ムラが激しい状況では有りました。


然しながら、本命と杢される場所は当日はボラも寄らず本命&真鯛GET成らず、
全く正反対の場所で十分遊べる状況となるコワリ、
喜怒哀楽の日替わりメニューは勝負好きな者の心擽りますねっ\(^^)/


最後に、まだまだお腹の小さな黒鯛ばかりでしたので、爆発有りそうな期待度満点の釣り場でした。

ps.期待した夕まづめの潮止まり時間、それまで晴天のカンカン照りが、
急に空が曇りだし、間も無く真上で雷が鳴り響く豪雨が一時間少々。。。




釣り所では無く終了(><)

しかし、帰船時には止み、
憎たらしい程の海の女神の悪戯に、もう一度勝負を約束し釣り場を後にしました。

| 10:53 | - | comments(1) | trackbacks(0) | posted by comzou |
Comment








ご無沙汰しております。イプサムです。この夏の引本は凄かったですね。私は7月に釣行したときに、ようやく引本の年なしと大型マダイを上げる事ができました。最近も前と変わらず三重県から若狭、舞鶴と飛び回っております。更なる爆釣を願っております。ではまた。
posted by イプサム | 2014/11/09 3:06 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.osiecomzou.jp/trackback/1173957
<< NEW | TOP | OLD>>