押江込蔵 ANGLER'S BLOG〜釣に魂を込めし勇者たちが集う場所〜

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
2019 4/13  〜〜〜 三重県 礫浦  瀬川渡船 釣行 〜〜〜

 やっと春らしい陽気になり 釣りに行くのも楽しみな季節になりました。

 

ここ最近の釣行を少しだけ。

 

 

3/24 和歌山 まるちょう 神島カセ!!

YAHOO天気や他の天気予報の風予測をみると行けそうな感じだったので 釣行決定。

 

週末になると風が強く何度か、カセをキャンセルしていたのでワクワク!!

 

で、当日朝 事務所で まるちょう でよく一緒になる平石さんもカセ予約で話していると

 

しの「今日、昼前から風ふきますよ!」

 

吉「いや、予報は4mぐらいやったで!」

 

平「いける、いける!神島行こう」

 

しの「この2人が揃えば たいがい荒れるからな〜」

 

と悩んだ末出してもらえることに。

 

朝は波静かで天気だったんですが 11時頃から風 波!

どんどん強くなりウネリも入り12時平石さんギブアップ!!

 

午後1時30 船先から潮をかぶりだし極端な潮流になり心が折れて 迎えにきてもらいました。

 

到着した しのやん の顔が  マジか!今、この大波の中撤収作業するんかい〜!!

 

で、アンカー引き揚げも危険な状態だったのでブイをつけてローブごと海に。 波風収まって後から回収に来るぐらいの荒れ模様でした。

 

短い時間でしたが 9時45分に1枚。12時すぎに1枚。

 

 45cmと35cmぐらいの本命GET。 

 

天気予報よりも船頭の予報のほうが アタリますね。

 

で、激務の中田さんから久しぶりに誘われ 4/7日 和歌山 串本 大裕丸に オカズ釣りメインで釣行。

最初は 1級チヌポイントのテトラ前!!

午前9時まで ほぼアタリなくフグが たま〜に釣れるだけ。見回りの船頭さんに 場所変わるなら早い方がええけど どないします?と言われ 即移動決定。

 

次のポイントは 水谷ポイント。 真鯛、イサギ 青物と いろんな魚が釣れる場所。

ですが、上層から湧いている小アジ以外にアタリ無く 大撃沈。

 

 

 

中田さんは サンノジ5発。真鯛30cm。 なんかカラフルな魚と 引きを楽しんでました。

 

たぶん5月の連休ぐらいから良くなりそう!まだ黒潮遠いし 今日は潮悪いみたいで各ポイント釣れてないから またええ日に来て〜と オカズもアタリも無い厳しい釣りでした。

 

ならば、真鯛の濃い場所でオカズ釣りやと タイトルの4/13日に 瀬川渡船さんへ!

 

 

 

 

 

電話で船頭さんに午前6時ごろきて〜と言われ午前5時30に着くと お客さん3人が積み込み中!!

 

朝は真鯛のエサヤリ船の為 荷物や人が乗る所が狭いので僕は 2番船だったみたいです。なので積み込みの手伝いをして着替えて待っていました。

 

待たせて ごめんな〜と船頭さん。「でも、今日アンタが乗るポイントは一番ええかもな〜 」と喜ばせてくれます。

 

ポイントは沖から2番目。 沖に2人。前のコワリはアミが入ってなく その前に1人。

 

さて準備開始。とりあえずタモのセットから!!

 

あ..................................タモ忘れた(冷汗)いつもカセだったので短いタモ。今日はコワリやから長いタモを入れたんですが タモ枠のネジ径が違うのを 忘れていて使えない。

 

最悪釣れたら しゃがんでタモ枠のみで掬うしかない! 船頭さんは前のコワリで餌やり作業開始しているし 順番にコワリに来るので 来たら相談しようとダンゴ作って釣り開始。

 

船頭の餌やり=激熱タイムなんですよね。こぼれ餌を拾いに色んな魚が寄ってくる。見える所まで来ることも!!

 

とりあえず、こっちに来たので言おうかと思ってるとスルーして一番沖のコワリに。しばし餌やり。

 

この間もとりあえず 釣りはしてましたが気が気でないので集中できず。

 

やっと船頭さんがコワリに。タモ忘れてしまったことを伝えると これでええか?と真鯛を掬うロングタモを貸してくれました。

無いよりマシです。ありがとうございます!!とお借りしました。しかし こんな時に限って大活躍してくれるとは。

 

船頭さんの餌やり激熱タイムは不発。上層から落とし込んでも反応なし。

 

中層から割って落とし込んでもアタリなし。 1ヒロ上に 小さなアタリでるんですが餌はそのままなんで小魚かと。

 

底でハワセ気味にしていて 回収しようとすると魚?の反応。

 

アワセて巻き上げるも引かない。微かに動いてる感じ。 正体はウミヘビ。

 

だいたい、ウミヘビ釣れるときは良くないよ〜な。

 

ダンゴを入れて 回収時に餌切りを繰り返して午前9時前。

 

ダンゴを1ヒロ上で割り落とし込んでいると底付近で 冷凍ボケとオキアミの抱合せに アタリ。

 

ええ感じに押さえ込んでアワセ!!

 

お、ええ引き。めちゃ元気!真鯛やろ〜と 思ってましたが銀色!!

チヌ45cm。いや、本命で嬉しいんですけど微妙な気分。 放精してましたんで、オスのノッコミ本番チヌ!!

 

しかし、群じゃなかったようで また静かな時間が過ぎます。しかし、天気よく波もない日に釣りしてることが気持ちよくて眠気と

の戦いに。

 

 

午前11時 誘いを掛けながら竿を持ち上げていると途中でズボ!!

 

重量感はあるものの また引かない。ハタマスちゃうか〜と見えてきたのは デカイ口開けながら上がってくるスズキ!!

 

目があった瞬間から奴にもスイッチが入り凄いスピードで潜ります。無理に止めると込蔵会の中園テスターがブチ切られてるのを思い出し ドラグを効かせながら引き寄せます。

 

かなり格闘しましたが運よく下に潜ってくれたので 疲れて浮いてきました。

 

少林寺の修行で使うみたいな 重さのタモを片手で操作し 何とかGET!! 

70cmほどありました。かたき討ち完了!!

 

またまた、反応無い時間が続き 午後13時30。なにやら糸スレが激しい。

 

ダンゴもアタリますが小さいアタリ。餌も突きまくりで 掛かったのはミニサバ。

しばらく居ついてましたが 急に反応なくなります。

 

デカイの入ったか?どっかいったか?  冷凍ボケ2匹掛けに強者を垂らして投入。

 

ダンゴが割れても反応なし。しばらくして上に誘い 次に誘った時に クククッ!と反応!!

 

大きくアワセて HIT。スズキほど重量感ないですが引いてます。

 

また ウミヘビ?と 思いましたが マゴチ!!

これも40cmほどあり 最高のオカズ!!

 

それから納竿の午後5時まで頑張りましたが 最後に小さいチャリコがきて終了!!

 

ほかのポイントは 沖側では飲ませのアジに ヒラメ マゴチ アオリイカと釣れて 前の方は 全然アカンと午後3時に早上がりしてました。

船頭さんが3匹とも締めて内臓まで出してくれて帰って食べましたが どれも美味しかったです!!

 

帰りに道具類をみて船頭さんが 「あんた、押江込蔵か?」

 

吉「はい。岐阜の方に釣れてきてもらったりで何回か、お邪魔してます」

 

船頭「いつも ありがとうな。また皆で来たってな。」

 

船頭さんから、ありがとう!って言われると遊ばせてもらってるこちらこそが ありがとうの気持ちでいっぱいになりました。

 

また 必ずお邪魔させてもらいます。  

 

 

長文になってしまいましたが、最後まで見て頂き ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 18:22 | - | - | - | posted by 吉田 栄司 |
押江込蔵☆プチ釣行記(笑)〜平成最後に・・・。〜

大変ご無沙汰しております。

 

この冬は釣りはお休みで仕事・・・と言いたい所ですが

 

遊びまくりでした(汗)

 

って事で題名通りプチ釣行記&近況報告がてらの一応生きてます的な

 

更新ですのであしからず・・・。

 

 

 

 

 

今年のスタ−トは最悪で1月2日に猛威を振るったインフルエンザにかかってしまい

 

正月早々、救急病院に行く羽目に(涙)

 

半年前から計画していたスノ−ボ−ドツア−も取りやめで

 

家族にもインフルエンザを感染させてしまい大ブ−イング(汗)

 

 

 

 

って事でこの冬は家族全員に借りを返す事に・・・。

 

 

 

 

 

 

まずは長女の要望で御嶽でスノ−ボ−ド!

 

今年は雪不足もあってご覧の有様(涙)

 

 

 

 

 

次は次女の要望で新潟でスノ−ボ−ド帰りに名古屋でライブ!←殺す気かっ!(汗)

 

 

 

 

こちらは間逆で凄い積雪!僕も楽しみましたが日帰りで新潟でボ−ドして

 

帰りにライブ見てでインフルエンザよりしんどかった気がするのですが(笑)

 

 

 

 

そんでもって嫁さんの要望・・・。

 

 

 

 

 

新幹線に飛び乗り・・・

 

 

 

 

 

シャンシャン見て(爆)

 

 

 

渋谷でライブ見て・・・・

 

 

 

と東京観光させられる事に・・・(汗)

 

 

 

これで家族全員に借りを返したつもりでしたが最後に全員で・・・。

 

 

 

 

 

 

 

鹿児島行きたいなんて言い出し(爆)最南端まで行く羽目に(笑)

 

 

 

 

 

 

 

これで究極の謝罪は終了かと思いきや・・・

 

 

 

GWは福岡連れて行けですって!(爆)いい加減にせ〜〜〜い!でようやく釣りに行くことに!

 

 

 

 

 

 

 

ますは幼馴染のじん君と畔蛸に・・・

 

 

 

 

 

 

この日は冬に逆戻りで強烈な寒さ・・・(涙)

 

 

しかも題名通りの平成最後の・・・・大撃沈。

 

 

穂先が動くどころか餌の一つも取られないと言う完全試合を達成(涙)

 

しかしこちらは秒読みって感じで爆るのも時間の問題って感じでした。

 

 

 

 

 

そんでもって一週おいて先週の日曜日・・・。

 

 

 

 

 

和具へ釣行♪

 

 

 

 

まさか平成最後魚がベラになるとは・・・(爆)

 

 

って事でまさかの連荘で撃沈(涙)

 

AM11:00台と12:00過ぎに一発ずつ掛けるも痛恨のバラシ!

 

 

 

 

 

 

パウダ-と無双は安定の信頼度で釣りを助けてくれたのですが

 

僕の腕が邪魔してしまいました(涙)

 

しかも一発目はそこそこのサイズでしたので悔やまれますね。

 

 

 

 

 

ってな感じで連荘で撃沈食らってしまいましたが僕のチヌシ−ズンは始まったばかりですし

 

なんべんでも狙ったったら言い訳で必ずリベンジしてやりたいと思います。

 

 

以上。近況報告&平成最後の撃沈報告でした(笑)

 

 

 

しかしまだ平成は終わらない・・・・。かも(笑)

 

 

 

| 10:43 | - | - | - | posted by nakazono |
尾鷲の奥座敷

3月11日、春の乗っ込み大型チヌを求めて尾鷲市九鬼湾の黒潮マリンクラブさんへ釣行してきました。

乗せていただいたポイントは、渡船場と目と鼻の先にある3号筏。水深10m弱の浅場です。

kuki190311b.jpg

浅場といっても侮ることなかれ、周年大型チヌの実績があるポイントです。

 

さて、筏に渡って早速準備。今回使用したダンゴには押江込蔵レッド爆釣液で仕上げました。使用したタックルは、ロッドはロッドクラフト伊藤作一閃筏竿硬調1.5m、リールはシマノセイハコウSP、ラインは東レ春夏秋冬2.5号、フックSASAMEプロフェッショナルチヌハード5号を使用しました。オモリは潮の動きや釣り方に合わせ無し〜5Bを使用。

 

朝は、薄くエサ取りの反応が出るだけでしたが、ダンゴの打ち返しを続けると午前10時ごろよりボラの反応が出てきました。

kuki190311a.jpg

イエローオキアミ無双を軸に、時折コーン、サナギのサシエをローテーションしながらボトムの様子をみていきます。

昼を過ぎたあたりからサシエにも反応が出る事が多くなり少しづつステージが出来上がってきています。

 

午後2時、着底したダンゴに早速ダンゴ突き。良いタイミングでダンゴが割れイエローオキアミ無双が抜け出しほどなく‟モゾ、モゾ、グググッ!”とアタリ!しっかりフッキングさせるとかなりの重量感。

浅場なので掛けた魚は右側にあるストラクチャーに一直線に突っ走ります。できるだけラインは出さないように我慢。魚との綱引きを楽しみ少しづつ上げてくると水面下にヒラを打ったのは大型チヌ。タモに収まったのは一目で年無しと分かるチヌでした。

190311.jpg

今期初の年無しチヌは52cmでした。この時期にしては比較的スレンダーであり乗っ込みの魚体ではありませんでしたが、コンディションの良いピッカピカの綺麗なチヌでした。

 

その後もボラの活性は有りましたが良いところ無く午後5時ストップフィッシング。

また機会を見て九鬼の海に浮かびに来たいと思います。

 

 

 

| 00:11 | - | - | - | posted by yasui |
| 1/250 | >>