押江込蔵 ANGLER'S BLOG〜釣に魂を込めし勇者たちが集う場所〜

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
2020・3・12(木)古和浦・誠久丸 2020年度始動〜♪

ご無沙汰しております。。。 

 

2020年度始動〜って言ってますがその前に、、、 (笑)

 

実は1月29日に勝丸渡船にて初釣行をしてまして小納戸を3人で攻めるもあえなく撃沈!!!

 

3人バラバラで乗りまして一番奥のカセに辛嶋君、手前の深場のカセに大将、浅場のカセに僕。。。

 

 

 

このお方達の猛攻にあいトホホでした。。。

 

まぁ〜そんなにうまくはいきませんね。。。 (笑)

 

アメーバブログ 勝丸渡船

 

↓ ↓ ↓

 

http://ameblo.jp/katsumarutosen

 

 

 

 

 

 

 

2020年3月12日(木) 古和浦・誠久丸

 

仕事も落ち着きそろそろと思いきや嵐を呼ぶ男からのタイミングよく行きましょうコール ♬

 

今年は月一釣行??を決めてるジギンガー辛嶋君も待ってましたとばかりスタンバイ!!!

 

カヤックフィッシングの奥村さんもナイスタイミングでスタンバってます!!! (笑)

 

しかし、ここにきて大将が超激務で参戦断念、、、(涙)

 

古和浦もそろそろ良い感じになるんじゃないかと行ってきました。。。

 

僕達含め10人でAM6:00に出船。。。

 

嵐を呼ぶ男&奥村さんは西浦筏の深場、僕とジギンガー辛嶋君は天神1筏(一番奥)です。。。

 

 

ジギンガー辛嶋君、今日はエギでアオリも狙い、ジグでも何かを狙いたいと鼻息激荒々ですわ!!! (爆笑)

 

筏に着くなりピュンピュン丸に変身してあっちこっち投げまくり、、、

 

 

で、この子をGET♬ アオリは不発でしたが4匹GETですわ!!! (笑)

 

 

チヌ釣りしてる人やと同乗者がこんなことやると嫌がるって言われますが僕にしてみれば何が!!!って事。。。

 

筏では色んな釣りが出来ます。人それぞれの楽しみ方があるので大いに楽しんでもらわなければと、、、

 

そりゃ〜僕のポイントに投げるとか他人の筏やカセ付近に投げる事はしないって分かってますしね。。。

 

血眼になってチヌを狙ってる訳じゃないから楽しんでもらわないとね♪

 

筏でそんな事したらチヌが散る?って言われますが全く関係ないと思いますね。。。

 

逆にそんな釣りはさせたくないです。趣味でやってる事だし筏釣りは色々な釣り方があるから僕的に全然OKですわ ^^♪

 

楽しくなくちゃね ^^

 

てか、ここ天神にも大きな真鯛が居るみたいなんで辛嶋君、真鯛釣りモードも全開ですわ!!! (爆笑)

 

 

 

 

 

ここで新発売の『軍師・マキエ粒コーンINイエロー爆釣液』の事を。。。

 

粒コーンは以前から団子に混ぜて使用してました。年末のチヌもお腹の中は大量の粒コーンが入ってました。。。

 

瀬川で釣った真鯛とかのお腹の中はビックリする位入ってます。下で捕食してるんですわね〜

 

団子に混ぜるのもよし、アンコにするもよし、サビキカゴにアミエビと入れるもよし。

 

色々な使い方をしてみて下さい。。。

 

アミノスメルパワー、スメルとは『におい』です。アミノ酸の匂いで釣るって事です♪

 

お試しを。。。 ^^

 

 

 

 

 

 

 

戻ります、

 

釣りの方はそこそこ活性は有ります。が、いわゆる『やる気の無い』アタリばっか、、、 (笑)

 

イシモチ、ゴンズイ、ベラ、フグ等。。。

 

気が付けばPM3時、雰囲気も変わる事無く時間だけが、、、

 

船頭さんは納竿ギリギリに時合いが多いって言ってましたので心折らかさず黙々打ち返します。

 

ジギンガー辛嶋君もマジモードで虎視眈々と狙ってます。。。

 

オキアミ(無双)中心にボケ&サナギ&コーン等、時折アケミ等で狙ってますと、、、

 

PM3:20 ボケにモジョモジョしつこいアタリ!!!

 

ろくでもない魚やろ??って思って少し入った所で『ズドン!!!』 ん??

 

 

居るやん!!! 真鯛が釣りたい辛嶋君やる気モード発動!!! (爆笑)

 

チヌじゃないって思いましたが本当に真鯛が居るとは、、、

 

ほんと小さなアタリでしたわ。。。

 

少しは状況変わったみたいなんで僕も集中力増量させます。。。 (笑)

 

コーン&サナギも撒いてたから勝負かけます。置き竿で待ってても反応無し。。。

 

PM4:30 潮がゆっくり左に流れ始めた時、剥き身に喰ってきたのは

 

 

なんと43僂隆駑錣淵船♬ 

 

この子もモジョモジョしてまして少しついて行って時に微かに押さえたので『ズドン!!』

 

真鯛ぽくじゃないって思ってましたがまさかの本命登場に釣った僕もビックらですわ!!! (爆笑)

 

辛嶋君も大喜び!!! 釣り座に戻って倒れそうな位の本気モード炸裂、エエ雰囲気でしたがこれでタイムアップ。。。

 

この時期に早々とチヌを釣るなんて僕らしくないですなぁ〜 (大爆笑)

 

PM5:30 納竿

 

嵐を呼ぶ男&奥村さん達の西浦筏は朝方活性が良く午後からは活性が悪かったみたいです。。。

 

 

本日の釣果。。。 チヌ&真鯛、共に43僂任靴拭。。

 

 

この魚、辛嶋君が子供に食べさせてあげたいとの事でお持ち帰りして頂きました (^^♪

 

因みに真鯛のお腹の中は空っぽ。。。

 

チヌのお腹の中はコーンが入ってたそうです!!!

 

サナギ&オキアミ&アケミも撒いてたんですがコーンのみって??? ほんと不思議ですわ。。。

 

逆にコーンでもっと辛抱強く狙ってたら??って思うんですが、、、

 

釣れたんでヨシ!ですわ!!! (笑)

 

 

 

さてと次回は、僕の知り合いとイカ&青物&底物???を筏でレクチャーされながら釣行してきます、、、

 

その人はチヌ釣りに全く興味が無い!!! って人ですわ、、、 (笑)

 

当然、レクチャーされるのはエギンガー辛嶋君達です。。。

 

そんな中、僕はチヌ釣りだけしますが、、、 (爆笑)

 

 

おしまい。。。

 

押江込蔵スタッフ KAYUKAWA

 

 

| 21:45 | - | - | - | posted by kayukawa |
2020 3/1  〜〜〜 和歌山 田辺 まるちょう 神島カセ 釣行 〜〜〜

 ようやく初釣りへ 行ってきました。

 

場所はいつもの まるちょう さん。 

 

何度か予約してましたが悪天候で延期延期になってました。

 

今日は、スタンプカード満タンだったので無料です。

6時30出船。

 

風は無いですが 少しウネってます。まあ、全然大丈夫な範囲なんで16mポイントヘ。

ノッコミ期は アオサや海藻も食べているので爆釣液 青色を使用して ダンゴ作成。

黄色いムギと 新商品の 軍師 マキエ粒コーンも配合。アンコにも混ぜてしようしました。

ダンゴ数個 アミエビ オキアミたっぷりアンコに入れて投入。

 

仕掛けSETして 第1投。

 

小さいダンゴアタリあり。オキアミが出るとすぐにチャリコ。これも ほぼ毎回のパターン。

 

チャリコが続くか 単発か?

 

で、次は 針が無くなる。

 

その次も。早めに掛けに行くと やはり フグ。

何年も通ってますが珍しい。 が、そこからフグの猛攻にあいます。

 

大中小さまざまなフグが喰ってきます。ダンゴにも当たるし さすがにダンゴ配合間違えたかな?と思うほどに。

 

しかし、神島はしっかりと打ち返せば変化出るはず!と アンコたっぷりで続けます。

 

10時前にすこしエサが残りだします。

 

ん?怪し〜な〜と 思っていると前アタリからの押さえ込み。

 

フグよりは引きますがそんなに大きくなさそう。 

 

30cmほどの真鯛。

 

魚が入ってきたと思いオキアミの抱合せでじっくり待っていると ちょうど見回りの しのやん登場。

 

まだ、アカンわ〜。フグの猛攻で いまやっとエサ残りだしてるわ〜と会話していると モゾっとアタリ。

 

キープしてるとズボっと入りました。

 

おお、きたんちゃいますか〜と しのやんに動画撮ってもらいながらで チヌの銀影が見えて一安心。

41cm。

 

群かと思いきや単発で その後12時まで変化なし。

 

前日フィッシングエイト本店で仕入れた 中ボケを試してみようと投入。

 

2Bのオモリを付けてゆっくりと流してると モゾモゾ モゾモゾ。少しついていき アワセ!

 

魚が掛かりこれもチヌっぽい。

40cm無いぐらいのサイズ。

次もボケで 35cmほどのチヌ。

 

すこしボケも喰いが悪いと思ったんで オキアミに至強パウダーをかけてボケと抱合せにしました。

 

見事作戦的中で 良く引くしデカチヌやろ〜と思いましたが 良型キビレでした。

その後はピタッとアタリも無くなり根掛かりもするよ〜になり追加できず。

 

最後はドデカイのん掛かったと慎重にやり取りしたのに 巨ボラで終了。

 

釣果としては、50オーバーがいまの時期は釣れることが多いので残念でしたが まずまず釣れたと思います。

 

しかし残念なことに3月20日をもって しのやんの退職に伴い まるちょうさんは筏カセ部門閉店になります。

 

大阪から 筏カセ部門も盛り上げるために就職し一生懸命努力し 少しづつ前に動き始めてたのに残念です。会社と しのやん との間の話合いの結果なんで詳細は わかりませんが熱があろうが しんどい状況だろうが 一生懸命釣り人の為に 考えて動いていたのを知っているんで新しい1歩に期待しています。

 

本人は、渡船屋さんをやりたいって言うてたので 出来ることがあれば助けてあげたいと思っています。

 

いま、未知なるウィルスにより いろんな業界が大変な時期とは思いますが 自分も手洗い うがいはしっかりして 備えていきたいと思います。

 

 

| 18:23 | - | - | - | posted by 吉田 栄司 |
2019ゆく年くる年

2019年もあわただしく終わろうとしています。

これまでと違った忙しさがあり、常に全力疾走で充実の一年でした。釣りは帰ってからの片付けもあるので翌日も休めるのが絶対条件なので、結局1回しか行けませんでした。その1回は、子供のころ以来の三男との釣りで、チヌ竿で釣る海の楽しさと宿で食う飯の旨さを知ってもらえばと盆休みにサザラに連れていきました。

 

 

本命はダメでしたが無双と三力でツバス、アイゴ、ボラ、真鯛、オオアジと退屈なく竿は曲がり、最後にハリス切れのバラしも経験して喜んでいました。アイゴは10匹ほど釣っていましたが、アイゴばさみを上手に使い背びれに刺されることもなく処理していました。前夜はエサ屋で団子の調合を教え、当日は団子の握り加減もすぐ覚えていましたし、リールを一度バックフラッシュさせてましたがチヌ竿の穂先を折ることもなく、集中力や学習能力は立派なものでした。

 

真っ赤に日焼けしても真夏の太陽にも負けず、仮眠もせずに黙々と釣っていたので非常に粘り強い奴であることが認識できました。釣りの後はペンションヒロヤに泊まり大きな風呂に入り旨い魚、爆睡の楽しさを教えることができました。私も久々に6時間ほどはスイッチが切れたほどの深睡眠に落ちました。

 

 

翌日は自分の釣ったオオアジとツバスを食べて美味しいと喜んでいました。

 

一方、山の方は1日で完結するのでパラパラと出かけ、3度目の廃村八丁や亀岡の山々、地元の喜撰山、朽木村など訪れました。夏場にはトレランで走りすぎて左足の骨を痛め、疲労骨折したかと心配しました。山の静寂と非日常の景色にはとてつもないエネルギーを注入されます。

 

 

今年目を付けたのは滋賀県朽木村の奥にある三国岳でした。朽木村は比良山系の北東部で木こりの村です。昔は日本のチベットと言われていたほどで、今は舗装道路も完備してますが登山口まで行くのも車で2時間以上かかる辺鄙なところです。

 

 

ここは登り口を探索したり下見などで4回入り、3回目は三分の二ほど行ったところで雷が鳴りだして尾根筋まで上がったのに撤収し、4回目にようやく登頂を果たしました。

 

 

尾根筋にある恐竜の骨のような倒木。impact抜群でした。生前はいったいどんな木だったのでしょうか

 

 

尾根筋を進み、山頂の手前から尖がりコーンのような急登を上がると標高960m程の三国岳山頂です。

 

 

三角点を踏みます。

 

 

この後、京都最難関の山といわれる天狗岳へのルートを調べますが、北向きの激下りを降りて更に6時間はかかるだろうと遥か彼方のピークを展望します。勿論、確立された登山ルートはなく天狗岳を知っているだけでも余程のマニアでしょう。もっともっと体を鍛え上げて、いつの日か登頂できる日は来るのでしょうか。

 

登山の方も息子に素晴らしさを教えねばなりません。昨日、息子を連れて首なし経由で愛宕さんに上り、大杉谷左岸から下山するルートを体験させました。私に似たのか普段からトレーニングを欠かさず脚力は強力で、危険地帯も全く恐れることなくササっと下れてたのには驚きで山にはまりそうでした。

 

龍の小屋経由で芦見谷川上流の三川合流部。

 

 

大杉谷左岸の絶景point。

 

 

ロープ場もスイスイと。

 

 

私自身は年には勝てず、あちこち痛いとこだらけで老化を感じる日々ですが、息子には私が経験してきた学校では教えてくれない「超おもろい事」を多少なりとも伝えたいと感じています。いつの日か、途中でビバークしながらも天狗岳の登頂を二人で果たせたら、という夢がかなう可能性を三男から感じました。

 

 

それでは皆さん良いお年を。

異常気象に負けず、災害の少ない新年を祈念します。

 

 

| 02:14 | - | - | - | posted by kida |
| 1/257 | >>