押江込蔵 ANGLER'S BLOG〜釣に魂を込めし勇者たちが集う場所〜

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
猛暑の海と山(後編)

<猛暑の釣り締めは迫間浦城水産>

 

船頭さんは良く気のつくおしゃれな女船頭さんです。釣り客のことを家族の様に思ってくれている様で、常連さんに人気の渡船です。

 

早朝は土砂降りでしたがコワリに上がると小降りに。ものすごい湿気でした。

 

この日は名手アナログさんとも久しぶりにお目にかかれました。

 

雨と赤潮の影響か海況は良くありませんでしたが昼前に回ってきた良型のシマアジ2枚が竿を曲げてくれました。

 

当日も船頭さんから午前中はコーヒー、午後は冷たいかき氷の差し入れもあって生き返りました。帰りには岩牡蠣と檜扇貝のお土産も頂きました。いつも有難うございます。

 

 

<灰野廃村の不思議な世界>

 

#山の方は京都府美山町の奧にある灰野廃村を尋ねました。京大の研究施設が入り口で、古いトロッコの軌道を行けるとこまで進みます。

 

#トロッコ本体、これで林業盛んだった時代に切り出した杉の木などを運んだのでしょうか。

 

#由良川に掛かった橋の上の線路。

 

 

#2.5km程歩くと灰野廃村。

 

#屋敷跡の石積み。ここで昔、木を切って生活していた人々の暮らしがあったのですね。

 

#3km程南の佐々里峠とつながる灰野谷。この奧にはとてつもない巨木の森があるらしい。帰りに寄ろうかと思いましたが雷が遠くで鳴りはじめたので次回の楽しみに。

 

 

#灰野村の社

 

#トロッコ軌道の下は何カ所も崩落していました。折れ曲がって崩れ落ちた線路が時の流れを感じさせます。

 

#由良川の源流。橋を架けて引いた線路の上をトロッコは走っていたのでしょう。いまは折れ曲がって見る影もありません。

 

 

#大雨や土砂崩れで酷く崩壊した軌道跡。

 

#倉庫の跡?

 

#枕木の備蓄跡と鉄の線路の加工所?

 

 

#何カ所もの崩落跡を迂回しながら行けるところまで前進します。

 

#B29(羽音から名付けたデカいアブ)。今年の夏は亀岡でも美山でも比良でもB29がやたら活性が高く3回の登山で8ヶ所刺されて傷だらけになりました。アブよけスプレーにも負けずにシャツの上からでも人間の汁を吸いに来ます。

 

#結構太くて丈夫そうな線路が折れ曲がっていました。自然の力の凄さを垣間見た気がします。

 

#鋼鉄の線路を分断する落石が地面に突き刺さっていました。

 

#昭和32年に植林されたらしく、私と同い年の北山杉に愛着を感じました。

 

 

#4km以上歩いたでしょうか、よくこんな山奧までトロッコの線路を引いたものです。

 

 

#いよいよ立ち入り禁止。

 

#現在到達できる最終ポイントです。線路はまだまだ奧に向かっていましたが崖が崩れて全く勧めなくなりました。

 

#灰野谷途中の巨木。

 

#トロッコ軌道から由良川に下りて昼食休憩です。風がヒンヤリして気持ちよかったが、パンを食べている間にデカい蜂に首を刺されました。子供の時以来の痛さです。更に、ここ灰野は昨年訪れた八丁廃村の北側に位置し、じめじめした土壌からヒルが多いので有名です。注意していましたが、ヒルにしらぬまに5ヶ所も刺されていました。翌日まで血が止まらず驚きました。山の色んな経験も全て勉強で貴重な体験です。

 

 冬には積雪も半端ではなく、熊も居るし夏はヒルや蜂、マムシなど危険が一杯です。こんな過酷なところで線路を何キロも延ばして、集落も作って生活し、町に炭や木々を出荷して我々の暮らしを支えてくれた山人の暮らしに思いをはせ不思議な感じがしました。大満足の山行でした。

 

#エアコンになれたmocoには夏の散歩は厳しそう。それでも散歩は大好きです。

| 19:08 | - | - | - | posted by kida |
猛暑の海と山(前編)

この夏は異常気象のせいか、海も山も少しおかしかった。Outdoor で長時間自然の中で過ごしていると自然界の変化がよく解る。

異常気象の変化度が明らかに大きくなってきており10年後が恐ろしい感じです。いよいよ「地球が怒り出したな!」と実感した夏でした。

 

暑さが半端ではなかったが、海・山どちらもそれなりに楽しめた。

 

#まずは海編で神前浦コワリです。

 

 

神前浦は当たり年であった様で久々の金城コワリでは49〜54造旅鯛を5枚仕留めることができた。エサは無双と三力で、団子を結構食っており上げてくると口から軍師赤&黒で味付けした団子をゴボゴボと吐き出して浮いてきました。

 

どいつも真夏にしては良く太っており、氷海水で締めた後にタップリの氷で冷やして持って帰ると身はピンピンに締まって、大鯛に負けない美味さでした。当日は真鯛は1枚も釣れず餌取もなく釣れたら年無しという感じの楽しい釣りでした。

 

#続いて迫間浦養殖場の屋根付き筏では時折ザッとふる雨にもカッパなしで対応できて比較的快適でした。

 

午前中は全く当たりが無く夏と思えぬ低活性で、たまに子鯖が釣れるだけでしたが昼から40汰宛紊離轡泪▲犬群れで回ってきた様で、NSRをヒン曲げる強烈な手応えを堪能できた。シマアジもやはり軍師赤&黒で味付けした団子に付いた様で、中層で団子に当たってきてる感じでした。団子が割れると無双をズボーっと持ち込みました。

 

一時は入れ食いになり、スカリに入れると水潮の影響かすぐ死ぬため、1匹ずつ締めて血抜きしてアイスボックスに入れてましたが飲み物用の予備アイスボックスも使う羽目になり夕方には19枚も釣ることができました。

 

サイズが良いだけでなく腹がパンパンに太っており、脂が程よくのり刺身も塩焼きも煮付けも最高に美味く、お袋の当分の食材となってくれました。近所にも配りましたが、こんな美味い魚は食べたことが無いと大好評でした。シマアジ釣りに徹した1日でした。

 

山の方も猛暑で熱中症すれすれの過酷な登山ばかりでしたが、お盆にちなんで行者山から瑞巌寺廃寺奧の探索コースを紹介します。

 

<行者山から瑞巌寺廃寺コース>

 

#千代川駅からロードを4km程歩いて行者山登山口を上がっていくと数カ所の祠が有り、道中の安全祈願に順にお参りしていきます。

 

#行者山の山頂少し下にある祠の役行者と前鬼、後鬼、ここも安全を祈願してお参りします。ストロボがないと真っ暗でライトで照らすと天井には不気味なカマドウマが沢山いました。

 

#なつかしい行者山山頂の三等三角点。

 

#行者山でしばし見かけるナナフシ。

 

#とこなげ観音寺で休憩。なぜか訪れた三回とも年老いた住職さんと境内の全く同じ場所で顔を合わせました。挨拶も同じで「どこから来られた」、「千代川駅から行者山を越えてやってきました」、「それは大変だったでしょう」と。

 

#とこなげ寺の墓地の横から山奥に暫く進むと瑞巌寺の廃寺跡。2回目ですが前回見残した奥を目指します。

 

#歴代の住職のお墓。

 

#右に竹藪に囲まれた瑞巌寺境内跡地。正面の階段の奥が今回の目的地です。

 

#境内跡の積み石の上。建物はもちろん残っていませんが、そこそこ広い境内であったようです。こんな山奥によく山寺を築いたものです。

 

#竹の倒木で守られている様な静かな境内。

 

#目的の階段の奥を探索すると草ボウボウの広場の突き当たりに古い階段らしきが。

 

#階段を上がると、その上にも古い墓地がありました。

 

#非常に古い墓地が山奥に残っていました。

 

 

#綺麗に整理された墓石群に手を合わせます。

 

#今一度廃寺を見に来て良かったと満足して登山道に戻り下山しました。

 

#下山ルートも昨年はなかった竹の倒木が数カ所。かろうじて通れましたが、竹は隙間がないのでいずれは廃道となる気がしました。

 

#金網の出口。ここから先が現世です。

 

| 19:07 | - | - | - | posted by kida |
H29 8/20  〜〜〜 和歌山県 串本  大裕丸 釣行 〜〜〜

ご無沙汰しております。

 

なかなか釣りに行くタイミングが無く 予定やら台風やらでバタバタしていると「串本行きましょか〜」と釣友さんからのお誘い。

 

日曜日は予定ないし大丈夫ですよ〜と返事をして 集まったメンバーは 12人 !!

 

大裕丸常連の中田さんにポイントや予約などおまかせし 賞品各自持ち寄って世界大会 開催となりました。

 

世界大会参照画像(笑)

 

朝5時前に船頭さんが来て ポイントは 一文字前 (3隻) 水谷 (1隻) テトラ前 (1隻)

 

場所決めジャンケンで1番に勝ち実績場 テトラ前GET!

今日は 加藤さんと同乗です。釣り座を先に譲って貰い左側に決定。

椅子、タモ、ダンゴオケはカセに常備されてます。

ベタ凪 無風状態。 

 

ヌカ2砂1のダンゴを 軍師(黒)で混ぜ込み アンコは激荒サナギのみ。

 

とりあえず8Bをつけてカニの落とし込み。 着底してハワセていると いつのまにかエサなし。何回か試しましたが小さいアタリで エサが盗られます。

 

オモリを外して ダンゴ釣り開始。

 

オキアミは割れた瞬間に無くなる感じで アタリも小さい。結構 ダンゴにも当たってきますが 割れると瞬殺。コーン サナギは かじられる。

 

 

加藤さんがGET。

 

やはり カワハギがいるみたいです。しかも かなり多い!

死にボケでは トラギスや ハタ系の魚が釣れます。

午前7時には チヌが釣れた〜とか 真鯛GET〜とか グループLINEが賑やかになってきてます。

 

フグも釣れだし ようやく8時頃からボラ登場。 しかも 串本級はデカイしパワー半端ない。この日も5本ほどHItさせてしまい手が痛い。

モンスター級にハリス飛ばされたりと 各カセ楽しんでるみたい。

 

ようやく変化が出だしたのは11時過ぎ。隣の加藤さんに 初ヘダイ。 そのあとミニチャリコ。

 

お、鯛系の魚が来たんですかね〜と話しながら サナギ コーンでダンゴが割れて少し流して穂先を見ていると フワフワ。

 

ボラか?と思った瞬間 ズボッと穂先が入ります。

 

手応えは軽い。いや ボラより軽いですが竿を叩いて左後方に走ろうとしています。綺麗な水中に 銀色が見えました。

 

よっしゃ〜 44cm GET。 1級ポイントのカセなんで釣れて素直に嬉しい。

 

時合突入かと 思いましたが同じサナギ コーン ズボッでボラ。

 

加藤さんも アイゴやヘダイ お昼ぐらいから ボラの勢いが増します。

 

中層と底上で ゴンゴンダンゴアタックして そのまま割られたり 吸い込まれたり。

 

着底しても 柔らかいエサはカワハギに喰われます。

 

午後3時 潮の流れが変わりはじめに サナギで チヌGET。

すぐに 加藤さんにもHIT。

 

状況変わるかと思いましたが このまま午後5時 納竿。

 

カセ全部で 誰かしらチヌ釣っており 場所坊主ナシの さすが串本って展開。あとはサイズ勝負。

 

優勝は 木村さん。 2位 安田さん 3位 僕 

チヌは47〜35cmまで総数8枚の釣果でした。

 

 

釣りしてる時の笑顔は いいですね^^

 

 

 

 

 

 

大裕丸さんは迎えに来るときに 1船1船 流しながらブラシで掃除して次の日も朝から綺麗なカセの状態で釣りが出来るようにと

気持ちのいい 渡船屋さんです。

また、デカチヌ狙いに行きたいと思います。

 

 

| 18:06 | - | - | - | posted by 吉田 栄司 |
| 1/234 | >>