押江込蔵 ANGLER'S BLOG〜釣に魂を込めし勇者たちが集う場所〜

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
メジナとヒグラシ

春真っ盛りですが海底と山頂はまだまだヒンヤリしています。

 

 

 

 

海はデップリ太ったメジナ(グレ)を釣りに久しぶりに尾鷲市三木浦に行ってきました。

 

 

 

養殖場のカセからの釣りで、NSR1.4mに2号ハリスで繊細に挑みましたが甘くはなかったです。船頭さんに言われたように棚取りなど色々コツが要るようで手強かったです。

 

 

軍師赤&黒とペレットの効果で寄ってきた25造らいの鯵に邪魔されて、完封負けを食らう寸前で何とか丸々太った38堕のメジナを無双で一枚仕留める事が出来ました。水面下10m位で割れた団子に来たのでかなり浮いてるようでしたが数居ないようでリピートはありませんでした。

 

 

持ち帰った鯵は3枚に下ろして塩と千鳥酢でしめて、メジナは皮を炙って刺身にしてポン酢で喰いましたが日本酒のアテに最高でした。

 

山の方も3パターンをクリアした。

 

No1. まずは湖南アルプスの堂山と笹間ヶ岳コース、No2. 鶏冠山と天狗岳

 

高度こそないがいずれもハードロック、クライミングエリアで足がすくんだ。

 

 

#山頂周囲は岩山らしく厳しい岩場です。トレッキングポールをリュックに収納して、両手・両足を使って登っていきます。まさに格闘技です。

 

#滑ったらイチコロです。

 

#近づいてきました。あの山のてっぺんを目指します。

 

#なんとか登頂

 

#下りも恐い

 

#続いて二座目の笠間ヶ岳を目指します

 

#こちらも岩山です。

 

#山奥には神秘的な池が4つほどありました。

 

#岩尾根を進む

 

#頂上への鎖場

 

#登頂

 

#狭い岩の上は不安定で目がくらむ。周りを見下ろすと、めずらしく目眩がしました。

 

No 2. 鶏冠山と天狗岩コース、こちらもハードでした。

 

 

#結構な急登を駆け上がり、up-downの多いまさに鶏冠の形をした山の頂上には飛ばして50分で登頂。

 

#天狗岩へ向かいます、不気味な山塊が行く手の厳しさを教えてくれます。

 

 

#登山靴のグリップの強さに助けられます。

 

#スリル満点!

 

 

 

#最長不倒point(岩のてっぺん)から

 

#グルッと対岸に回り、先ほどまでいた山頂を見る。人気のスポットとはいえ結構な数の登山者が登っておられた。女性も多く度胸には頭が下がります。

 

#急な下りが何でも無いように見えるから恐ろしい。

 

#800年台に建立された狛坂寺廃寺跡の狛坂磨崖仏。

 

No3. 最後に愛宕山系の難敵、大杉谷左岸のヒグラシの滝探し。大杉谷ルートは昨年末から3回目ですが、傾斜があり険しいコースで有名です。今回は、これまでの変化に富む登山の集大成、死力を尽くしての探索となりました。

 

#エントランスは大杉谷第一ベンチ脇から

 

#別ルートから二度アプローチして撤退しているコースですが、最後は滝の下流からヒグラシまで遡上するルートで、崩落した谷の徒渉に不退転の覚悟で挑みます。

 

#このルートも倒木と崖崩れで、もはや登山ルートとして成立しないと感じました。

 

#倒木くぐりと滑りやすい岩の徒渉が続きます。

 

#余りに過酷なルート。

 

#目の前の景色は超絶景でした。

 

 

#どうやって前進するか集中力で解答を探します。山岳救助隊みたい。

 

#だいぶ近づいてきたはず?

 

#滝の音が強く聞こえてきました!

 

#もう少しか? 帰りはこの辺りまで戻り、崩れやすいこの左手の崖を登攀しました。

 

#滝の頭が見えた。

 

 

#着いてしまうのが名残惜しい様な。

 

#幻の滝、ヒグラシ滝。高さは10mと言われています。

 

#苔むした石塔

 

 

#ヒグラシの滝壺、ヒンヤリした霊気が何とも言えない。

 

#滝の下流の沢から遡上し、距離にしてたった300m程の前進に2時間も掛かった。時間も経っており、同じ軌道で戻る自信はありません。滝壺の脇でパンを食べながら、どうやって戻るかを真剣に考えていました。最短コースは前回に下りでアプローチして、蟻地獄のような崩れやすい崖に途中で諦めて撤退した滝の手前の崖を登るしかありません。予想通り何度も滑りかけましたが、崖の斜面に登山靴を蹴り込んで少しの段差を作り、一歩一歩直登して何とか30分少々で大杉谷本道まで上がる事が出来ました。

 

前回、ヒグラシの滝を目指して、斜面のまん中近くまで下っていた経験が帰路の参考に成り役立ちました。命がけではありましたが、goalに設定した「幻の滝」の前に立てた事は、この冬集大成の山行で、また大きな学習をしたなと感じました。

 

 

 

 

 

 

| 16:23 | - | - | - | posted by kida |
押江込蔵☆釣行記〜デビルズカップ2017に参戦♪〜

大変ご無沙汰しております。

 

この冬は僕の住む中部地方も積もるような雪が降り、本当に寒い日が多かったです。

 

だから寒さに負けて釣りに行かなかったのか?と言う訳じゃなく・・・(汗)

 

 

まあその理由も(ほぼネタ)を含めて(笑)近況報告からのデビルズカップの模様をお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

昨年最後の釣りブログで「新年一発目は白馬で大暴れで〜す。」なんて言って終わりましたが

 

違う意味で大暴れしてしまいました(謎)

 

 

 

 

 

 

新年一発目は白馬の予定でしたが当初は雪不足も有り・・・

 

 

 

片道330km(爆)長野県屈指の豪雪地帯、野沢温泉までほぼ子守してきました。(笑)

 

 

 

レンタル屋さんもおしゃれな事♪

 

 

あまりの広大さにテンションMAX♪

 

 

 

 

 

雪山ではおばさん達も若く見えます(爆)

 

 

子供&ママ達はバテバテで最後はスノ−モ−ビルで下山(汗)

 

 

 

 

 

この日は嫁さんの友達&子供も連れて6人で行ったのですが3人の子守&往復660kmに

 

翌日はダウン(涙)何だか消化不良のスノ−ボ−ド2017でした(汗)

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで雪山の事は忘れ、釣りモ-ドに♪

 

 

がっ!・・・1月末に所属チ−ムの初竿会に参加予定でしたがまさかの日曜日に

 

仕事入れられてしまい断念(涙)

 

 

 

くそ〜〜〜(涙)こうなったら釣りの用意は完璧だし前日の土曜日に休んで釣り行くか??

 

 

ん?待てよ??こんなクソ寒い日になんも1人でボウズ食らいに行かなくても・・・・

 

 

 

 

と・・・悪い虫が騒ぎ出し・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回の消化不良を発散すべくまた山に(笑)

 

 

 

さすがにチビ達も上手になりました。

 

 

おばはん(爆)も中々・・・(笑)

 

 

 

 

下のチビに至ってはジャンプまで!まっ!まだコケて無いから恐怖感が無いのでしょうが・・・

 

 

 

 

 

僕も負けじと・・・

 

 

 

まだまだ若いぜ〜〜〜いなんて思ってましたが・・・

 

 

 

 

 

この無理やり弾丸スノ−ボ−ド紀行が2月の釣りを絶望的にしやがりました(涙)

 

 

 

 

 

チビ達の動画を撮影した所、ありえん体制で確実にぶつかってくるであろう若者が・・・

 

 

この時僕は考えました。

 

 

 

子供たちを守るべきか?雪だるまの如く突っ込んでくる若者を止めるべきか?

 

いや!買ったばかりの携帯を守るべきか?(笑)

 

 

って事で全部やってやる〜〜〜と子供たちを避けさせて若者を止めてやり「女子だから止めた」(爆)

 

で、携帯を守ろうとその女子に巻き添えを食らったのですが

 

その時に携帯を守ったばかりに地面と胸の間に手が入ってしまい・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これもんに!(爆)

 

 

 

 

 

 

翌日、日曜日も初竿会にも参加できずにふて腐りながら仕事もしてたのですが

 

 

数日後には息しても痛いしクシャミに至っては最悪!

 

病院に行った所・・・胸の辺りの骨が骨折(爆)

 

 

 

いや〜〜〜若く有りませんね〜〜(汗) って事で2月はカルシウム取りまくりで(笑)

 

釣りは禁止で安静にしておりました(涙)

 

 

 

 

みなさん!年相応の遊びをしましょうね!(爆)

 

 

 

って事で前置きが長くなりましたがようやく骨がくっつきかけてますので

 

いざ釣りモ−ドヘ!

 

 

 

 

先週末はデビルズカップ2017に参戦して参りました。

 

 

まさか初釣りが一発狙いのト−ナメントとは・・・(汗)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で・・・先に結果から申し上げますと釣りはドロ−でしたが

 

ジャンケン負けにて一回戦敗退(涙)

 

 

 

 

 

 

って事で大まかな流れを・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

抽選の結果ムカエの筏に!ここまでは想定内

 

 

 

 

しかし場所決めのジャンケンに負けてしまい狙いの位置には座れませんでした(涙)

 

 

 

 

左に河口の筏(勝丸)を眺めながら

 

 

 

 

アミ干しでは他チ−ムの対戦も♪

 

 

 

 

押江込蔵もフル装備で挑んだのですがよう釣りませんでした(汗)

 

 

 

 

 

今回の作戦は午前中にとにかく対象魚を狙い運よく獲れたら午後からは一発狙おうと

 

企んでいたのですが予想以上に厳しい展開でした。

 

 

 

僕の中で経験上、午前中に何かしら動きが有るとにらみ注意をはらいながら繊細な釣りを

 

心がけました。

 

 

午前10:00頃にようやく動きが・・・

 

 

物凄く弱弱しいですが5回に1投ぐらいの感じでダンゴアタリが出始める。

 

ここで手返しを怠ると対戦相手にはボラ居るのにこっちには居ないなんて

 

状況を作ることがあるので、ここは相手以上に手返しを早める!

 

 

軍師(赤)の投入でボラは居ついてくれ、あと1押しってとこまで追い詰めたつもりでしたが

 

PM15:00頃にはボラも消え夕方も何の魅力も無く撃沈でした(涙)

 

 

 

 

 

まあジャンケン負けとは言え負けは負け!

 

また来年、挑戦できるチャンスがあればリベンジですね!←つりの話短っ!(笑)

 

 

 

参加のみなさん、お疲れ様でした。

 

 

 

さっ!いよいよノッコミ期到来♪

 

行きたい場所が多々ありすぎて困ってしまいますが今年はあそこ一本で

 

勝負したいと思います。

 

 

また報告させて頂きますね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 09:00 | - | - | - | posted by nakazono |
H29 2/19  2/26  === 和歌山 田辺 Fish in the Farmまるちょう  釣行 ===

 あけましておめでとうございます!! 今年も 押江込蔵商品共々 よろしくおねいします。

 

って もう3月!! 1月は 新年会やら御祝会やらで 釣りに行けず 2月に入ると週末は荒れた天候で釣りに行けず ようやく 2/19日に 初釣行。

 

場所は 今年も通いまっせ!と まるちょうさんへ。神島のカセに乗れるか 船頭しのやん に連絡すると 出船は微妙〜な返事。

 

朝は風が残り 昼から収まる予報だったんで無理なら筏に乗ろうと 6時に渡船場へ。

 

朝は やはり風が残っているので 1時間ほど様子みて行けそうなら行きますか?に 即答でOK。

 

 ゆっくり用意していると渡船場に同じ かつき会の市川さん井上さんが来ておられました。出船まで談笑し、お二人とも 筏で良型のキビレを仕留め流石でした。

1番船を見送り ダンゴの用意やら道具の用意して1時間ぐらい経つと まだ風あるけど止む予報なんで行きましょか〜と しのやん。

親船にカセをつけて 湾内を出ると ウネってるやん。沖へ行くほどキツい。 目標の19mはとても無理そうなんで手前の17mポイントへ。

が、ウネりと風で ポイントが上手く定まらず40分ほど掛かって やっとアンカー設置。苦労して設置してくれたんで なんとか頑張ろうと 仕掛けをSET。

軍師 赤を混ぜ込み 釣り開始。

着底して ダンゴが割れるとすぐに コツコツ。グイ〜 と荒いアタリ。

 

お、なかなか引くけど重量感が無い。 30cmほどのチャリコ。

お隣の堅田漁協さんが 12万匹ほど このサイズのチャリコを放流したので どうやら そのチャリコみたい。

 

ここから、オキアミでは ほぼチャリコ! まあアタリがあるだけ楽しいんですが サナギ、コーンでもチャリコと 少し厄介。

 

色々 層を探ったりしましたが ベタ底ハワセぐらいしか 回避できなさそう。

 

下げ潮のお昼には 急に活性が低くなり 風が吹き出し ウネリも高くなり 底をキープさせるのも難しいほどに。

 

なんとか、3時には収まってきましたが 時折 チャリコが釣れるだけで納竿となり 坊主。

 

で 26日は土曜日の朝の予報で 波風なさそうだったので 釣友の中田さんにいきましょか〜とLINE入れると すでに しのやんに予約問い合わせ中!で2人で行く事に。 

 

中田さんは 今年に入り 神島カセで坊主なし、年無しも釣ってて絶好調。

当日 昨夜に予報が変わったらしくカセ出船しても たぶん午後1時まで。荒れる前に釣ってください!と気合の出船。

2隻出船で 19mポイントへ。

ダンゴを打って1投目。 やはり チャリコ。春のチャリコ祭り開催!と思いましたが 2匹釣ったところで しばらく沈黙。

 

前アタリが あるものの喰いこまない。オキアミの頭だけや 掛かっても 唇皮1枚で 喰い渋りな感じ。

 

潮も上だけ 流れている感じで 底は動いてなさそう。 ダンゴをドンドン入れていきますが アタリも少なくエサも残る。

 

前のカセの方も ほぼアタリなしの様子。

 

そんな中、9時過ぎ 隣で よっしゃ!!これは チャリコちゃうぞ〜と中田さんの竿が 曲がってます。

 

重量感ある ええ引き。銀色 ピカピカの綺麗なチヌGET。

10時過ぎにも もう一枚追加。やばい。ボコボコされるパターンか?何とか1枚釣らんと〜と思いながら オモリやエサを色々試しますが 単発で チャリコしか釣れず。

 

波風が ひどくなり午後1時撤収。

残り時間を 通称空母筏に乗せてもらい 最終 4時45分まで 頑張りましたが ポツポツ チャリコ追加で終了。

 

ほかの筏もチャリコ祭りで 1人26枚とか釣れてました!サイズも30cmほどあるのでオカズには最適でした!!

 

 

中田さんの釣ったチヌも2匹目は放精しながら上がってきたんで そろそろ神島カセで ノッコミ爆釣 期待大ですね。

 

また日を見て チャレンジしに行きます!!

 

 

 

 

 

  

 

 

 

| 19:37 | - | - | - | posted by 吉田 栄司 |
| 1/227 | >>