押江込蔵 ANGLER'S BLOG〜釣に魂を込めし勇者たちが集う場所〜

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
海をかき混ぜてくれた船頭さんの気遣いとロシアンルーレット

7月は猛暑の中、迫間浦コワリに行ってきた。久々の訪問であったが城水産の女船頭さんは、お元気で心遣いも相変わらずであった。

 

 

 

大雨が降った後とのことで7月とは思えない低活性であった。ボラ釣りでも有名なコワリであるが終日ボラの団子当たりは無く餌取も中層の子鯖以外は皆無であった。昼前にコーヒーを持って覗きに来てくれた船頭さんが「どうや〜」と聞くので底潮が悪いみたいで魚の気配が無いと話すと、「ほな私が底かき混ぜてやるわ」と言う。

 

最初は何のことかと思ったら、船でコワリに横付けされている筏をグルッと一回転させているのだ。女だてらに操船は素晴らしいがきつい仕事で小一時間はかかったろうか。この力仕事のおかげか底で変化が出始めた。

 

 

船頭さんが帰られ、暫くすると団子当たりから無双コーンを喰う明確な当たりで年無しには届かなかったが49cmの綺麗な魚体の良型黒鯛を仕留めることができた。当日、合わせられる当たりはこれ一回だけであったが、船頭さんの為にも「絶対釣るモード」に久々にスイッチが入った一瞬で、正に船頭さんが釣らせてくれた価値ある1枚であった。

 

その後は追加は無かったが、筏の大きな屋根の下で二回も昼寝できたし、帰りには氷とお土産のタコと檜扇貝も頂いて爽やかな気持ちで迫間浦をあとにすることができた。

 

 

登山の方も厳しいのが多かったが思い出深いロシアンルーレット・コースを紹介します。谷山林道を神護寺前から遡上し6号橋から松尾峠に抜けるコースは二度目ですが、その後朝日峰登頂後に峰山に登り高山寺に下山するお初のロング&ハザードコースです。

 

周山街道の高山寺側から山を見上げて、この山の中を下ってくるのは手強いだろうと感じていたルートで手を付けずにいたコースです。

 

#早朝の谷山林道はヒンヤリしていました

 

 

#六号橋から山腹を縫う様に上がっていきます。

 

#忘れがたいトラウマチックゾーン。

前回も一番ビビった箇所で手の平程の幅しかない膨らみのあるトラバースは健在でした。向こうからこちらに運を天に任せて歩きます。距離にして4〜5m位ですが左に落ちると100m程下の火打ち谷に滑落するためロシアンルーレットと名付けた場所です。しかし、今回のルートは後半にこんなトラバースが連発して肝を冷やす事になるのでした。

 

#この門を出れば松尾峠です。

 

#途中にある朝日峰に登頂。10回は来たかな?

 

#峰山に向かって南下。

 

 

#峰山分岐部。右から山頂を目指し高山寺への下りは左ルートを取ります。

 

#解りづらい道を上がっていくと峰山山頂。

 

 

#下山ルートは峰山分岐を左に取ります。ここからは下りです。

 

#倒木で次第に荒れてきました。

 

 

#木の墓場みたいな雰囲気の所でした。

 

 

 

#先が思いやられる難路。ルートを外すと大変なことになります。

 

#これでもかと倒木が行く手を塞ぐ。

 

 

#道は無くても後戻りできません。ミス・ルートは密林トラップの餌食です。

 

#高山寺へ下る谷筋はいよいよ倒木で完全閉塞、右に斜面を上がる迂回路がありました。

 

#険しいと書かれているのは、本当に険しい場合が多いが。

 

#崖っぷちのトラバース。

 

 

#僅かな幅の滑落ゾーン、まさにロシアンルーレット。崩れないことを祈って極限の集中力で進みますが、崖の左に落ちたら落差10mほどあり脂汗がでました。

 

#更に倒木による進路妨害も。なかなか辛いコースでした。

 

#淡々と進み、ようやく前方崖下に高山寺の屋根が見えた時には極度の緊張から解放されホッと一息つきました。

 

#裏山から入った高山寺をゆっくり見て回る。

 

#行き残した峰山分岐の右ルートから神護寺目指して下るコースも楽しみです。

| 19:58 | - | - | - | posted by kida |
押江込蔵☆釣行記〜新記録!?のち珍記録!〜

仕事が忙し過ぎる〜〜〜(涙)

 

おまけにこの蒸し暑さ!毎日毎日、納期に追われメランコリックな毎日を過ごして居る訳ですが・・・

 

 

しかし!!釣りには行きたい(笑)

 

 

(カズ) 「7月はどうすんの??」

 

 

(親父) 「行くに決まっとるがや〜!」

 

 

(カズ) 「なら今年は尾鷲の方に行こうか?魚も多いし!」

 

 

(親父) 「無理!!神前行くぞ!!!!」

 

 

 

しかし神前、好っきゃねぇ〜〜〜!(笑)と言う僕も大好きなのですが(爆)

 

 

 

 

って事で今回も番外編かな?

 

チヌはそこそこで五目釣り感覚で親父を連れて神前浦に出撃です。

 

 

 

 

 

 

2017年7月8日(土) 晴れ   大潮    勝丸渡船  真珠の筏

 

 

 

 

 

 

久々の小納戸です。

 

 

 

波気も無く静かな場所ですね〜〜〜!

 

 

 

僕が筏で裏側のカセへ親父!

 

 

 

 

 

 

AM5:30〜〜

 

 

釣れてる養殖筏は先客が居ましたので道下もアリかな?なんて思いましたが

 

出たらデカイ!であろう真珠の筏をチョイス!

 

これが吉と出るか凶と出るか??

 

結果、大凶が待ち構えているとは、この時は知る余地も有りませんでした(汗)

 

 

 

 

しばらく釣り人が入って居ませんので朝から爆釣液(黄)をたっぷり染み込ませたダンゴに

 

無双、不動。コ−ン、サナギをたっぷりアンコにして広範囲にダンゴを落とします。

 

 

 

まず不動で・・・

 

 

 

ガシラ〜〜〜〜!

 

 

 

次に無双で・・・

 

 

 

またガシラ〜〜〜〜!(笑)

 

 

 

活性は良いかと思われましたがこの二匹が釣れた後は底では死海!

 

 

中層にサバの群れがいますのでダンゴを底まで持って行くことすら大変な状況です。

 

 

 

 

 

本日は無双&不動が主役です♪

 

 

 

 

至上爆釣液もアンコにしていきたいと思います。

 

 

 

 

AM7:00〜〜

 

 

 

中層にサバが居るだけで底ではほぼアタリ無し!

 

たまにアタリがあると思えばほぼガシラ!

 

 

 

 

AM9:00〜〜

 

 

ようやく無双にエエアタリが出てちょいと小マシな引きを楽しませてくれたのが

 

良型のアジ!最終的に10匹ほど釣りましたが一番エエサイズが35cm越えですので

 

お土産には最高ですね♪

 

 

 

AM10:00〜〜

 

 

親父の方はと言うと・・・。

 

 

 

サバが強すぎて朝から今の時間まで一度もダンゴが底についてないらしい(爆)

 

タックルの問題もありそうですが根本的に釣り方を見直したほうが良いみたいです(笑)

 

 

 

 

 

ハコフグ優雅に泳いでます(笑)

 

 

 

PM12:00〜〜

 

 

アジはポツポツ釣れますがチヌの雰囲気は全くありません。

 

ここで爆釣液の追加でダンゴを打ち込み昼食がてら休憩です。

 

 

 

 

 

親父もようやくアジGET!でご満悦!

 

ニシキゴイが釣れたみたいですが・・・(爆)多分オジサンでしょう(笑)

 

 

 

PM13:00〜

 

 

場休め後にとうとう厳つい輩の登場です。

 

ダンゴが着底して30秒くらいでしょうか?目が覚めるような強烈なダンゴアタリ!!(驚)

 

あれ?付け餌何だったっけ??不動コ−ン?無双コ−ン?確か無双コ−ンだったような??

 

 

 

とにかく一発でダンゴが割れて押さえ込め〜〜!と念じますと・・・念力が効いたようで・・・(汗)

 

 

 

ズキュ〜〜〜ン!!!

 

 

 

25m越えの水深で掛けた瞬間にこの重量!!!

 

間違いなく大型!いや!超大型の予感!!

 

 

 

(カズ) 「ついに来たぞ〜〜〜〜!!しかもデカイし!!」

 

 

(親父) 「おっ!!見たい見たい!!!お〜〜〜すげぇ〜曲がりだがや〜!」

 

 

 

あと10mってとこでさらに強烈に!!

 

竿が鳴くしリ−ルもジリジリ!!あまりの激しさに・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パンツもビリビリ!!(爆)あっ!って変な声出たし!!(爆)

 

 

 

 

 

 

前々回の畔蛸でタモ居れ寸前に潜られて切られた事を思い出しましたので

 

今回は慎重にやり取り!たのむ〜〜〜!チヌであってくれ〜〜〜〜!!!

 

と願いましたが・・・赤かった〜〜〜(涙)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし超大型の天然物♪マダイでは記録更新です(汗)

 

 

 

 

流石に底荒れしたようでダンゴアタリはおろか餌も取られない状況。

 

腕もパンパンですしここでまた休憩。

 

 

 

 

 

この後、夕方に期待しましたが2枚潮がきつくなり持って行かれるアタリだけ拾って

 

アジ追加で終了!チヌはボウズでしたが嬉しいマダイにエエ釣りになりました!!

 

 

と言いたい所ですがこの後に珍記録も更新してしまいました!(涙)

 

 

 

 

 

迎えの船頭登場!

 

 

 

(船頭)  「釣れたかいな?」

 

(カズ)  「凄いのが釣れたわ!!ほれ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(船頭) 「うわ〜〜立派やな〜〜!70cm超えてるでぇ〜〜〜〜!」

 

 

 

で、筏の上に上げようとしましたら大暴れされてストリンガ−のストッパ-伸ばされて

 

海にお帰りになりました!(爆)

 

 

 

 

 

(カズ)(船頭)(親父) 「#$%&&%%$##$’$’〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!」(爆)

 

 

 

 

まさかの珍プレ−!1本ならまだしもダブルで掛けてたストリンガ−が2本とも飛ばされると言う

 

見たことも聞いたことも無いようなまさに青天の霹靂!(涙)

 

 

まぁ〜引きも楽しめたし写真も撮ったし船頭も確認したし・・・と言い聞かせますが・・・

 

 

親父は黙っていません!!

 

 

この後、家に帰る数時間の間、永遠とディスられた事は言うまでもありません(爆)

 

 

 

以上、新記録も珍記録も更新した神前浦での釣りでした(汗)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 13:37 | - | - | - | posted by nakazono |
梅雨の合間に

7月3日にHGである的矢湾畔蛸の第二龍丸さんへ行ってきました。産卵明けの大型チヌも動き出したみたいで、夏チヌ本番も直ぐそこまでの季節になりました。

170703adako.jpg

午前5時30分に沖の18号筏に渡ります。今回の作戦は前日に竜一船頭と相談し、早朝2時間と夕まづめ2時間は貝の落とし込みだけで大型チヌを狙い、間の時間はダンゴで狙います。

 

潰した貝と丸貝をポロポロと上撒きしながらタックルをセット。

今回使用したタックルは、丸貝落とし込み用に、ロッドは腰の強いロッドクラフト伊藤作、一閃1.4mを使用。リールはシマノ、セイハコウ60SP.Lにライン東レ春夏秋冬2.5号を巻き、がまかつ海津18号を使用し、鈎上5cmのガン玉3Bを付けます。

 

午前6時、丸貝を落とし込み、底から1m上でアタリを確認。アワセると重量感のある重みを感じます。比較的すんなり上がって来たのは大型チヌ。水面下で思い出したように暴れますが時すでに遅し。たも網に収まったのは産卵明けの48.5cm。

170703adako1.jpg

それから丸貝の落とし込みを続けますがチヌの雰囲気を感じられず、7時30分にダンゴの準備に取り掛かります。

 

今回使用したダンゴには視覚レボリューション、アミノイエロー押し麦、そして軍師黒をたっぷり使用し集魚力をUPさせました。

ダンゴ釣り用のタックルはロッドクラフト伊藤作の中硬竿1.4mに1.5号のフロロライン、チヌ鈎3号としてオモリは潮流に合わせて無し〜3Bを使用しました。

 

先ずは魚を集めるため早めのピッチで手返しをします。水面下にはコノシロの群れが見え糸すれが煩わしい。ダンゴから抜け出たサシエには反応する魚がいないのか、ほとんど無傷で上がってきます。いつも、いやというほど居るフグも全く居らず底の活性は低いようです。

午前9時、ダンゴから抜け出たイエローオキアミ無双に小さな吸い込みアタリ。なかなかの好ファイトをみせてくれたのは41cmのコンディションの良いチヌ。スカリに入れてから弱ってしまったのでシメてクーラーボックスの中へ。

しばらくダンゴの手返しを続けますが状況は好転せず。

 

午後3時、ボラの活性が上がりダンゴ突きも激しくなってきました。今までいなかったフグ、アイゴ、ヘダイが鈎掛かりし明らかに状況は変わりました。いよいよ時合か!?

 

午後3時30分、オキアミでは勝負出来なくなってきたのでサシエにコーンをセレクト。ダンゴから抜け出たコーンを湾口に流れる潮に乗せていくとアタリ。重量感のあるやり取りを楽しみタモ網に収まったのは48cm。
170703adako2.jpg

状況は悪くないのですがチヌに口を使わすことが出来ず午後4時までにダンゴを打ちきります。

 

期待の夕まづめは早朝同様丸貝の落とし込みで攻めてみます。なかなかアタリが出ないまま時間だけが過ぎていきます。

根気よく落とし込みを続けた午後5時、ようやくアタリが出ました。゛ガツガツガツ”という特有のアタリを掛け合わすとヒット。

重量感は軽いですが元気な37cmがタモ網に。

170703tatumaru.jpg

その後、良いところなく午後6時納竿。

 

今回、上げ下げの潮にも反応してきましたが、これといった時合はありませんでした。でも、もう少しで夏チヌスイッチは入りそうな予感。過去にも7月、8月は年無し混じりの良型二桁も何度か記録しているので的矢湾畔蛸町第二龍丸は狙い目だと思います。

 

 

 

 

 

| 10:43 | - | - | - | posted by yasui |
| 1/233 | >>